Home モデル ポルシェ、「カイエン」のトップエンドに新型PHEV。クーペモデルも登場 – Car Watch

ポルシェ、「カイエン」のトップエンドに新型PHEV。クーペモデルも登場 – Car Watch

30 second read
0
36

ロール抑制システムやエアサス、セラミックブレーキを標準装備

 両モデルともに標準装備として「ポルシェダイナミックシャシーコントロールシステム(PDCC)電気機械式ロール抑制システム」「ポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)リアディファレンシャルロック」「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)高性能ブレーキシステム」、エクステリアカラー同色仕上げの「ホイールアーチエクステンション」「21インチエアロデザイン軽合金製ホイール」「パワーステアリングプラス」、そして「スポーツクロノパッケージ」を装備する。

 また、「ポルシェアクティブサスペンションマネージメントシステム(PASM)」を含む「アダプティブ3チャンバーエアサスペンション」は、ポルシェ特有の幅広いドライビングダイナミクスと快適な乗り心地を実現する。さらに、オプションで22インチまでの「軽合金製ホイール」と「リアアクスルステアリング」も用意される。

 ほかのカイエンモデルと同様に、フルコネクティビティを標準装備。「Porsche Connect」によってリアルタイム交通情報、音声認識によるコントロール、公共充電ステーションの検索といったオンラインナビゲーションを可能とする。また、オプションではワイヤレスApple CarPlayと新しいUSB-Cポートも設定する。そのほか、補助エアコンを標準装備。これは、「ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)」や「Porsche Connectアプリ」を使うことで遠隔制御が可能で、イグニッションオフの状態でも車両の暖房や冷房を使うことができる。

 LEDヘッドライト、制限速度機能を備えたクルーズコントロールシステム、カメラベースの歩行者保護、フロントとリアのパークアシスト(カイエン クーペはリアビューカメラシステムを含む)を装備。追加オプションとして、LEDマトリックスヘッドライト、ヘッドアップディスプレイ、熱探知カメラ付ナイトアシスト、およびレーンキープアシストが用意される。

インテリア

V6ハイブリッドの「カイエン Eハイブリッド クーペ」も登場

 カイエン クーペにおいては、V型6気筒3.0リッターターボエンジンを組み合わせたハイブリッドモデル「カイエン Eハイブリッド クーペ」もラインアップする。システム出力は340kW(462PS)、システムトルクは700Nmを発生。標準装備のスポーツクロノパッケージとの組み合わせにより、0-100km/h加速は5.1秒(ライトウエイトスポーツパッケージは5.0秒)。最高速度は253km/hを達成する。平均消費量(NEDC)は、3.2-3.1L/100km(燃料)および18.7-17.7kWh/100km(電気)となっており、モーターのみでの航続距離は最大43kmになる。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「Gatebox」初代モデル、20年3月にサービス終了 初音ミク召喚不可能に – ITmedia

 LINE傘下のGateboxは12月10日、“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の初代モデル(GTBX-1) … …