Home モデル マキタの充電式空気入れに“世界最速”モデル登場 必要スペックと対応バッテリーで機種を選ぼう(Fav-Log by ITmedia) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

マキタの充電式空気入れに“世界最速”モデル登場 必要スペックと対応バッテリーで機種を選ぼう(Fav-Log by ITmedia) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

32 second read
0
156

 デジタル設定した空気圧に達するまで空気を入れてくれる、便利な「充電式空気入れ」。ここではマキタの新機種の紹介と、従来機種との比較、機種選びのチェックポイントをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

マキタの充電式空気入れ:“世界最速”の最新機種

 マキタが発売するのは、「40Vmax」リチウムイオンバッテリーに対応する「MP001G」(本体のみ税別1万9000円)と、18Vリチウムイオンバッテリー対応の「MP181DZ」(本体のみ税別1万8000円)。

 それぞれ最高圧力は1110kPa(161PS、11.1bar)と、高圧が必要なロードバイクのタイヤなどにも対応可能に。エアーの吐出量は「MP001G」が24L/分(200kPa時)、「MP181D」が22L/分(200kPa時)と、同社従来機種から約2倍に増えており、小型トラックのタイヤなどへの充てん時間を大幅に短縮、「電動工具メーカー製充電式空気入れとしては世界最速」だとしています。

 用途に応じて「高速」「低速」「ボール」という3つの充てんモードを選択可能になっており、減圧機能も搭載。本体に装備するディスプレイには、現在の空気圧と設定した空気圧、充てん進捗度や温度など、豊富な情報を表示します。

 標準で米式バルブを装備。英式バルブ用、仏式バルブ用、ボール用、浮き輪用のアダプタが付属し、本体に収納できます。

 使用には対応バッテリーが別途必要です。

マキタの充電式空気入れ:現行ラインアップとスペック比較

・従来機種:マキタ MP180DZ

・メーカー価格:本体のみ1万900円(税別)

 18Vリチウムイオンバッテリー対応の現行モデル。最高圧力は830kPa(121PSI、8.3bar)、吐出量は12L/分(200kPa時)。

・従来機種:マキタ MP100DZ

・メーカー価格:本体のみ9900円(税別)

 10.8Vリチウムイオンスライドバッテリー対応モデル。最高圧力は830kPa(121PSI、8.3bar)、吐出量は10L/分(200kPa時)。

Adblock test (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

YouTubeチャンネル「松村邦洋のタメにならないチャンネル」、開設から1年で登録者数10万人を突破! – PR TIMES

◆「松村邦洋のタメにならないチャンネル」とはhttps://www.youtube.com/channel/U … …