Home インスタグラマー ムーディ勝山、インスタグラムへの投稿写真が話題に 地方局やラジオでも引っ張りだこ – ニフティニュース

ムーディ勝山、インスタグラムへの投稿写真が話題に 地方局やラジオでも引っ張りだこ – ニフティニュース

6 second read
0
150

毎年、彗星(すいせい)のごとく現れる一発屋芸人。流行語大賞にノミネートされたりコスプレ衣装が爆売れしたり、一世風靡(ふうび)したかと思えば、これまた彗星のごとく消えていくべき存在なのか……?

否! 今、世間から「一発屋」の箱に入れられた男たちが、ブレイク当時とはまた違うベクトルで光明を見いだし、平成の次の時代での再ブレイクを虎視眈々(こしたんたん)と狙っているのだ! 新時代を迎える2019年に再ブレイクの兆しがビンビンする男たちに迫った!

山田ルイ53世(髭男爵)さん、レイザーラモンHGさんに続き、第3回目はインスタグラムや地方局ラジオで活躍中のムーディ勝山さんが登場!

■実は一発屋って、空振り三振はしない

ムーディ勝山さんがブレイクしたのは2006年。あれから12年の時を経て、昔と変わらぬ白タキシード姿で写る彼のインスタグラムが今、注目を集めている。

アップされる写真がシュールでおもしろすぎると話題で、約5万人(2018年12月現在)のフォロワーを獲得しているのだ!

ムーディ インスタで一番バズったのは、僕がタキシードのままプールの中で泳いでる、ニルヴァーナのCDジャケット(『ネヴァーマインド』)っぽい写真を上げたとき。

撮ってみたらたまたまニルヴァーナっぽかったっていうだけなんですけど、9000ぐらい「いいね!」がついて、めっちゃ反響があったんですよ。

──そんなムーディさん、現在は仙台や名古屋など、自分の地元以外の地方局からも引っ張りだこで、ラジオ番組など計5本のレギュラーを抱えているとか。

ムーディ 生放送でアポなし状態からお店に交渉する食レポコーナーを、7年ぐらい前に仙台のラジオでやらせてもらったのがきっかけでしたね。

それまでレポーター経験なんてゼロだったから、音だけで食レポするっていうのが最初はかなり苦戦しましたよ。でも、なんとかそこそこの結果を残せてるから、仕事の幅が広がっていってるんだと思ってます。

一発屋って、やっぱりブレイクしているときに大舞台の場数をたくさん踏んでるから、たとえホームランは打てなくても、空振り三振はほとんどしないんですよ(笑)。どんな現場でも、ある程度の結果は出せるものなんです。

──ムーディさんは『NHK紅白歌合戦』という大舞台も経験してますもんね。

ムーディ でも、その『紅白』の舞台にも立ってるからこそ、仕事がなくなってしまったときの自分を受け入れるのも大変でした(苦笑)。だけど、ある時期に僕から(レイザーラモン)HGさんに「吉本興業の一発屋みんなでライブしませんか?」って提案したんですよ。

その一発屋ライブは、最初は50人ぐらいのキャパしかない劇場から始めたので、まったく抵抗がなかったって言ったらウソになる。ただ、若手に交じってそういう小さい劇場の舞台に立つこともありましたけど、「そっからもう一度やらないとな」っていう覚悟もできましたね。

今ではその一発屋ライブは、「NGK」(「なんばグランド花月」、収容人数は約900人)も満席にできるイベントになったんですよ。

──そのHGさんは尊敬の念を込めて、「ムーディや山田(ルイ53世)は、今でもキャラを貫いてるから、一発屋としての”純度”が高い」とおっしゃっていましたが、これからもトレードマークの白タキシードは着続けますか?

ムーディ はい。やっぱり白タキシードが知名度っていう武器になるんで、守っていきたいなって思ってます。声だけで出演するラジオのときでも、ちゃんとタキシード着てますからね(笑)。

ブレイクした頃は、もう一瞬で頂上に登ってしまったような感覚だったんですけど、今は地方局の仕事でも一本一本増えていってる感じが……ホンマありがたいし、うれしいですね。

★明日(10日)は、ゴー☆ジャスさんの”復活メソッド”を配信予定です

取材・文/杉山康介、昌谷大介(A4studio) 撮影/下城英悟

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

オージーケーカブト、オープンフェイス「エクシード」にグラフィックモデル2種追加へ – レスポンス

オージーケーカブトは、二輪用オープンフェイスヘルメット「エクシード」にグラフィックモデル「グライド」および「ソ … …