Home モデル メルセデスベンツ用FOCAL、日本オリジナルモデル「PLUG & PLAY elite」発売 – レスポンス

メルセデスベンツ用FOCAL、日本オリジナルモデル「PLUG & PLAY elite」発売 – レスポンス

34 second read
0
20

内装加工のないトレードイン取り付けで高音質を実現するFOCAL(フォーカル)日本オリジナルモデル「PLUG&PLAY elite」(プラグ&プレイ エリート)。

高級スピーカーユニットに加え、専用開発されたアルミバッフルやネットワークを備えてキット内容も充実。今回はメルセデスベンツ『Cクラス』への取り付け例を見ていこう。

メルセデス専用モデルに
専用のアルミバッフルを搭載

手軽に取り付けられて、高音質を楽しめるFOCALの車種別スピーカーキット。その中でも日本オリジナルのハイグレードモデル群が「PLUG&PLAY elite」だ。現在メルセデス、BMW、MINIなど、人気車種にフィットする各種専用キットが用意されている。愛車のインテリアを加工することなく、高品質なスピーカーをトレードインで取り付けられるキットとして人気のシリーズとなっている。

この中で今回注目するのがCクラス専用モデル「MB205KJ」シリーズだ。FOCALの代表的なスピーカーシリーズであるK2パワーシリーズを採用し、音質の良さでも評価の高い定番モデルだ。

このキットの大きな特徴はメルセデス専用に開発されたアルミダイキャスト製バッフル。MDF製バッフルに比べて取り付け精度が格段にアップするのが大きなメリットだ。このアルミバッフルはキットに合わせて新たに金型を起こしてアルミダイキャストで作られた専用品。「錆利休」(さびりきゅう)のカラーリングをまとい質感も高いバッフルとなっている。

音のクオリティに直接影響するバッフルを高性能化することでスピーカーユニットの持つポテンシャルをフルに発揮することができるのがこのキットの最大の特徴だ。純正スピーカー取り付け位置に無加工で取り付けるための専用バッフルなので、高剛性&高精度のアルミバッフルを採用するのは効果抜群。取り付けもスピーディーになるなどユーザーにとってのメリットが多い。

車種別専用キットにはアルミバッフルに加えて必要なケーブル、ネットワークやデッドニングシートなどをオールインワン。車種に合わせた専用パーツをまとめて用意しているので、取り付けるだけで最適な性能を発揮するのも大きな魅力だ。

車種別キットに用いられている
フォーカル・K2パワーの高音質設計

Cクラスに取り付けられているキットは先にも紹介した「MB205KJ」シリーズ。PLUG&PLAY eliteの中でも、Cクラスを対象とした上級グレードモデルだ。FOCALのK2パワーシリーズのユニットを採用し、その象徴的な黄色のアラミド繊維振動板からひと目でFOCALをイメージさせる代表的なモデルだ。トゥイーターとミッドバスの両ユニットに同じ振動板を採用しているのも同モデルの特徴。全帯域で音色を合わせて統一感あるサウンドを引き出すことができる。

ミッドバスのエッジ部分にはリブ状のTMDチューンドマスダンパー(中間部とエッジ部分の重さが異なる構造)を設置して共振点をズラしているのも同社ならではの技術。この構造は中域の周波数特性を改善する効果がある。トゥイーターには同社伝統のM型アラミドドーム振動板を採用。M型振動板の優れた特性とアラミド繊維のしなやかさを併せ持ち優れた高域特性と低歪みを実現した。ソフトでありながらスピード感あふれるサウンドを再生することが可能だ。

メルセデスベンツを対象として設計されているだけに、内装を加工することなくトレードインで取り付けできるこのモデル。それでありながら従来のトレードインのイメージを大きく越えるハイエンドなサウンドを楽しめるのは搭載されるK2パワーのユニットを見るだけでも理解できるだろう。

ユニットの性能に加えてネットワークも
専用設計で全域にわたって大幅に音質アップ

今回取材したCクラスの車種別専用キット「MB205KJ2」の取り付けは、ドラミラー裏へ25mmトゥイーターを取り付け、さらに80mmのミッドバスをドアの純正位置に取り付ける2ウェイシステム。ネットワークも車種別専用設計(日本国内で設計・製作している)なのでトレードイン取り付けしたあとは配線するだけで狙い通りのサウンドが手に入るのも専用設計ならでは。サブウーファーは引き続き純正を用いるが、専用のネットワーク(ローパスフィルター)を使って低音再生域をタイトにコントロールしているので、トレードイン取り付けしたFOCALの2ウェイとのつながりもスムーズだ。

車種別専用キットを取り付けることで愛車のオーディオ環境は大きく進化する。トゥイーターの交換による高域の情報量のグレードアップは著しく、さらにミッドバスによる中低域の厚みや質感も大幅にアップ。音質の確かさこそがFOCALの車種別キットの最大の魅力だ。

今回取材したCクラスは備えていないが、同シリーズのユニットをセンターに取り付けることも可能。センタースピーカーの追加はかなり効果が高く、明確な音像やステージ感を出すには絶好のアレンジとなる。目の前でアーティストが演奏する音楽空間を楽しむにはセンタースピーカーも追加すると良いだろう。家族のことも考えれば、リアスピーカーの交換もおすすめする。劇的な音質の変化に家族の笑顔間違いなしだ。

手軽でスピーディーなトレードイン取り付けで高音質が得られるFOCALの車種別スピーカーキット、PLUG&PLAY elite。高品質なアルミバッフルや専用ネットワークなどを備えキット内容も充実。愛車の内装を変更することなく高音質を手に入れたいユーザーには絶好のチョイスとなった。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「Xperia PRO」は真のプロモデルだ、5Gミリ波対応など詳しい仕様をチェック – Engadget 日本版

昨年発売された「Xperia 1」は、ここ数年続いた迷走期間を脱するソニーの本気を示すに十分なスマートフォンで … …