Home モデル メルセデス・ベンツ、CLAシリーズをフルモデルチェンジ – Goo-net(グーネット)

メルセデス・ベンツ、CLAシリーズをフルモデルチェンジ – Goo-net(グーネット)

1 min read
0
95

車のニュース[2019.08.28 UP]

メルセデス・ベンツ、CLA クーペ/CLA シューティングブレークをフルモデルチェンジ

メルセデス・ベンツ日本は8月27日、フルモデルチェンジした4ドアクーペ&ワゴン「CLA クーペ/CLA シューティングブレーク」を発表し、同日から予約注文の受け付けを開始した。ラインナップはCLA クーペが「CLA 200 d」「CLA 250 4マティック」の2グレード、CLA シューティングブレークが「CLA 200 d シューティングブレーク」「CLA 250 4マティック シューティングブレーク」の2グレードで、納車時期はCLA クーペが10月頃、CLA シューティングブレークが12月頃を予定している。CLA クーペが6年ぶり、CLA シューティングブレークが4年ぶりにフルモデルチェンジした2代目となる新型は、先代モデルの外側に膨らむ独特なデザインのヘッドライトを継承しつつ内外装デザインを一新させるとともに、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」やSクラスに搭載している最新の安全運転支援システムなどを採用している。

この記事の目次

デザイン

エクステリアは、「Sensual Purity(官能的純粋)」というメルセデス・ベンツの新コンセプトに基づき、ラインやエッジをできるだけ減らして曲面で表現し、長さとシャープを強調したサメの尖った鼻先を想わせるフロントエンド、上下方向の細さと先代モデルから継承した外側に膨らむ独特なデザインのヘッドライト、高いウエストライン、なだらかな流線形のルーフライン、メルセデス・ベンツのクーペモデルに共通するサッシュレスウインドウのサイドビュー、ワイドなリヤエンドなど、ワイド&ローのスポーティなスタイルで、クラストップレベルの空力性能(Cd値0.23・欧州仕様車参考値)を実現している。

インテリアは、横方向のワイドさを強調するワイドスクリーンディスプレイ、飛行機のジェットエンジンのタービンを想わせる5つの円形エアコン吹き出し口などのAクラスの基本的デザインを踏襲し、モダン&アバンギャルドな室内空間となっている。

CLA クーペ

CLA シューティングブレーク

メカニズム

パワートレーンは、「CLA 200 d」「CLA 200 d シューティングブレーク」が2.0L直4DOHC直噴クリーンディーゼルターボエンジン(最高出力150PS、最大トルク32.6kg・m)に、8速デュアルクラッチトランスミッション(8G-DCT)を、「CLA 250 4マティック」「CLA 250 4マティック シューティングブレーク」が2.0L直4DOHC直噴ターボエンジン(最高出力224PS、最大トルク35.7kg・m)に、7速デュアルクラッチトランスミッション(7G-DCT)を組み合わせる。

足回りは、路面をしっかりとらえるスポーツコンフォートサスペンション、ロールの抑制を高めるために直径を拡大したスタビライザーを搭載し、先代モデルからフロントが63mm、リヤが55mm(フロント、リヤともに欧州仕様車参考値)拡大したトレッドにより、メルセデス・ベンツの前輪駆動プラットフォームを採用しているモデルの中で、最もスポーティなドライビング特性を備えている。「4マティック」の四輪駆動システムは、通常はほぼ100%前輪駆動で走行し、路面状況に応じて適切に後輪にトルク配分をして、高い操縦性&走行安定性を実現している。


2.0L直4DOHC直噴クリーンディーゼルターボエンジン

2.0L直4DOHC直噴ターボエンジン

8速デュアルクラッチトランスミッション(8G-DCT)

7速デュアルクラッチトランスミッション(7G-DCT)

スポーツコンフォートサスペンション

ユーティリティ

クーペスタイルでありながらボディが拡大したことで快適性が向上し、先代モデルと比較して、CLA クーペのフロントの室内幅は35mm拡大した1457mm、リヤの室内幅は44mm拡大した1454mm、フロントのシート高は17mm拡大した1023mm(フロント、リヤの室内幅、フロントのシート高は欧州仕様車参考値)となっている。リヤシートは、ゴルフバッグやスキー板などの長い荷物などの積載にも便利な4:2:4分割可倒式を採用している。


CLA クーペ

CLA シューティングブレーク

主な装備

先進安全装備は、速度に応じて車間距離を自動で調整する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)」、高速道路を走行時に自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」、クルマ、歩行者、路上の障害物など検知し、衝突回避および被害軽減をサポートする「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付き)」などをセットにした「レーダーセーフティパッケージ」をメーカーオプションで用意する。

エンターテインメント装備では、「ハイ、メルセデス!」の自然対話式音声認識機能を備えたボイスコントロール、AIによる学習機能などを備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」、Qi規格対応の携帯、スマホを無線充電できる「ワイヤレスチャージング機能」などを全車標準装備する。さらに、DCM(車載通信機)を標準装備し、24時間緊急通報サービス、24時間故障通報サービス、スマホで車両を遠隔操作&確認できる「リモート車両操作」などのテレマティクスサービス「Mercedes me connect」を利用することができる。

メーカーオプション

AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイド&リヤスカート)、18インチAMG5ツインスポークアルミホイール、本革巻スポーツステアリング(ナッパレザー、レッドステッチ入り)などをセットにした「AMGライン」、本革シート、アンビエントライト(64色)、ブラウンウォールナットウッドインテリアトリムをセットにした「レザーエクスクルーシブパッケージ」などを用意する。

CLA 250 4マティック (AMGライン装着車)


レザーエクスクルーシブパッケージ(マキアートベージュ)

ボディカラー

CLA クーペ


ポーラーホワイト


ジュピターレッド


サンイエロー


デジタルホワイト(メーカーオプション)


コスモスブラック(メーカーオプション)


デニムブルー(メーカーオプション)※


イリジウムシルバー(メーカーオプション)※


マウンテングレー(メーカーオプション)


モハーべシルバー(メーカーオプション)

CLA シューティングブレーク


ポーラーホワイト


ジュピターレッド


サンイエロー


デジタルホワイト(メーカーオプション)


コスモスブラック(メーカーオプション)


デニムブルー(メーカーオプション)※


イリジウムシルバー(メーカーオプション)※


マウンテングレー(メーカーオプション)


モハーべシルバー(メーカーオプション)

※のボディカラーは2020年春以降から取り扱い開始予定(デニムブルーはCLA シューティングブレークのみ)。

主要諸元・車両本体価格

【主要諸元】

CLA 200 d
●全長×全幅×全高(mm):4688×1830×1439●ホイールベース(mm):2729●駆動方式:FF●パワートレーン:1950cc直4DOHC直噴クリーンディーゼルターボエンジン(150PS/32.6kg・m)●トランスミッション:8速デュアルクラッチトランスミッション(8G-DCT)●燃料タンク容量(L):43[軽油]●ハンドル位置:右

CLA 250 4マティック
●全長×全幅×全高(mm):4688×1830×1444●ホイールベース(mm):2729●駆動方式:4WD●パワートレーン:1991cc直4DOHC直噴ターボエンジン(224PS/35.7kg・m)●トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション(7G-DCT)●燃料タンク容量(L):51[プレミアム]●ハンドル位置:右

CLA 200 d シューティングブレーク
●全長×全幅×全高(mm):4688×1830×1442●ホイールベース(mm):2729●駆動方式:FF●パワートレーン:1950cc直4DOHC直噴クリーンディーゼルターボエンジン(150PS/32.6kg・m)●トランスミッション:8速デュアルクラッチトランスミッション(8G-DCT)●燃料タンク容量(L):43[軽油]●ハンドル位置:右

CLA 250 4マティック シューティングブレーク
●全長×全幅×全高(mm):4688×1830×1447●ホイールベース(mm):2729●駆動方式:4WD●パワートレーン:1991cc直4DOHC直噴ターボエンジン(224PS/35.7kg・m)●トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション(7G-DCT)●燃料タンク容量(L):51[プレミアム]●ハンドル位置:右

※全長×全幅×全高、ホイールベースは欧州仕様車参考値。

【車両本体価格】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

はじめしゃちょー・ヒカキン超え… YouTuber「キッズライン」登録者1000万突破、「水増し」疑惑は否定(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰 … …