Home モデル メルセデス・ベンツ、SUVクーペモデル「GLE クーペ」をフルモデルチェンジ – Goo-net(グーネット)

メルセデス・ベンツ、SUVクーペモデル「GLE クーペ」をフルモデルチェンジ – Goo-net(グーネット)

1 min read
0
46

車種別・最新情報[2020.06.13 UP]

メルセデス・ベンツ、SUVクーペモデル「GLE クーペ」をフルモデルチェンジ

メルセデス・ベンツ日本は6月11日、フルモデルチェンジしたSUVクーペモデル「GLE クーペ」を発表し、同日から予約注文の受け付けを開始した。ラインアップは「GLE 400 d 4マティック クーペ スポーツ」「メルセデス AMG GLE 53 4マティック+ クーペ」の2グレードで、納車時期は6月下旬(順次)からを予定している。2代目となる新型は、SUVクーペとしてのスタイリッシュなフォルムなどを継承しつつ内外装デザインを一新させるとともに、優れたユーティリティ、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」、最新の安全運転支援システムなどを採用している。

この記事の目次

デザイン

エクステリアは、メルセデス・ベンツのクーペモデルのデザインを踏襲したシングルルーバーのダイヤモンドグリル、SUVの特徴を表現したルーバー開口部&フロントエプロンのアンダーガード、低く構えるウィンドウフレーム&なだらかな丸みを帯びたルーフラインを組み合わせたサイドビュー、テールエンドの幅を強調したリヤビューなど、SUVらしい力強さ&スポーティさを表現したスタイルとなっている。

インテリアは、「12.3インチコックピットディスプレイ」「12.3インチワイドディスプレイ」を1枚のガラスカバーで融合したダッシュボード、運転席側と助手席側が繋がった水平ラインのインテリアトリムなど、先進的&エレガントな室内空間で、左右に大きなグラブハンドルを設置したセンターコンソール、インパネ中央部の4つの四角形エアコン吹き出し口など、メルセデス・ベンツのSUVエッセンスも表現している。

また、「メルセデス AMG GLE 53 4マティック+ クーペ」は、縦にルーバーが入ったAMG専用グリル、AMGスポーツシート(フロント)、AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー/DINAMICA)など、AMGモデルならではの専用パーツを装備している。

メカニズム

パワートレーンは、「GLE 400 d 4マティック クーペ スポーツ」が3.0L直6DOHC直噴ターボクリーンディーゼルエンジン(最高出力330PS/最大トルク71.4kg・m)に、9速オートマチックトランスミッション(9G-TRONIC)、四輪駆動システム「4マティック」を、「メルセデス AMG GLE 53 4マティック+ クーペ」が電動スーパーチャージャーを搭載した3.0L直6DOHC直噴ターボエンジン(最高出力435PS/最大トルク53.0kg・m)に、ISG(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)、48V電気システムを組み合わせ、9速AMGスピードシフトTCTのトランスミッション、四輪駆動システム「AMG 4マティック+」を搭載する。

足回りは、「GLE 400 d 4マティック クーペ スポーツ」には快適な乗り心地とダイナミックな走行性能を高次元で両立させた「AIRMATICサスペンション」を標準装備し、砂丘などから容易に抜け出せるようにサポートする脱出モードなどを備えたオフロード機能、コーナリング時の遠心力を低減してくれるダイナミックカーブ機能「CURVE」、乗り心地をさらに高めてくれるロードサーフィススキャン機能などを搭載した「E-ACTIVE BODY CONTROL」をメーカーオプションで用意する。「メルセデス AMG GLE 53 4マティック+ クーペ」には、前後アクスルに電動機械式の連続可変電子制御スタビライザーを採用した新システム「AMG ACTIVE RIDE CONTROL」を搭載し、直進時にはしなやかな足回りによる快適な乗り心地を発揮しながら、コーナリング&車線変更時にはロールを効果的に抑制することで、快適でダイナミックなドライビングを楽しむことができる。

ユーティリティ

先代モデルから20mm伸びた2935mmのホイールベースで、居住性と積載性が向上し、ラゲッジルームスペースは先代モデルより70L増加した655〜1790Lとなっている。テールゲートは、両手に荷物を持っている時に便利な足の動きでテールゲートを自動で開閉できるフットトランクオープナー(テールゲート自動開閉機能)を標準装備する。


フットトランクオープナー(テールゲート自動開閉機能)

主な装備

先進安全装備は、速度に応じて車間距離を自動で調整する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)」、高速道路を走行時に自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」、クルマ、歩行者、路上の障害物など検知し、衝突回避および被害軽減をサポートする「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付き)」などをセットにした「レーダーセーフティパッケージ」などを標準装備する。

エンターテインメント装備は、「ハイ、メルセデス!」の自然対話式音声認識機能を備えたボイスコントロール、AIによる学習機能などを備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」、エアコン、照明、音楽、シート設定などのシステムを統合的にコントロールして快適性を高めてくれる「エナジャイジング コンフォート」、Qi規格対応の携帯、スマホを無線充電できる「ワイヤレスチャージング機能」などを標準装備する。さらに、DCM(車載通信機)を標準装備し、24時間故障通報サービス、スマホで車両を遠隔操作&確認できる「リモート車両操作」、メルセデス・ベンツ24時間コンシェルジュサービスなどのテレマティクスサービス「Mercedes me connect」を利用することができる。

ラインナップ

GLE 400 d 4マティック クーペ スポーツ


インテリアカラー:ブラック(ナッパレザー/本革)

インテリアカラー:ホワイト/ブラック(ナッパレザー/本革)

インテリアカラー:クラシックレッド/ブラック(ナッパレザー/本革)

メルセデス AMG GLE 53 4マティック+ クーペ


インテリアカラー:ブラック(ナッパレザー)

インテリアカラー:トリュフブラウン/ブラック(ナッパレザー)

インテリアカラー:レッドペッパー/ブラック(ナッパレザー)

ボディカラー

●ポーラーホワイト
●オブシディアンブラック(メーカーオプション)
●イリジウムシルバー(メーカーオプション)
●モハーべシルバー(メーカーオプション)
●カバンサイトブルー(メーカーオプション)
●ブリリアントブルー(メーカーオプション)
●エメラルドグリーン(メーカーオプション)
●セレナイトグレー(メーカーオプション)
●ダイヤモンドホワイト(メーカーオプション)
●ヒヤシンスレッド(メーカーオプション)

主要諸元・車両本体価格

【主要諸元】

GLE 400 d 4マティック クーペ スポーツ
●全長×全幅×全高(mm):4955×2020×1715●ホイールベース(mm):2935●車両重量(kg):2350●駆動方式:4WD●パワートレーン(最高出力/最大トルク):2924cc直6DOHC直噴ターボクリーンディーゼルエンジン(330PS/71.4kg・m)●トランスミッション:9速オートマチックトランスミッション(9G-TRONIC)●WLTCモード燃費 (km/L):11.7●燃料タンク容量(L):85[軽油]●最小回転半径(m):5.5●ハンドル位置:右

メルセデス AMG GLE 53 4マティック+ クーペ
●全長×全幅×全高(mm):4960×2020×1715●ホイールベース(mm):2935●車両重量(kg):2360●駆動方式:4WD●パワートレーン(最高出力/最大トルク):2996cc直6DOHC直噴ターボエンジン(435PS/53.0kg・m)●トランスミッション:9速AMGスピードシフトTCT●WLTCモード燃費 (km/L):9.8●燃料タンク容量(L):85[プレミアム]●最小回転半径(m):5.7●ハンドル位置:左/右

【車両本体価格】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

セイコー、「アストロン」から大谷翔平モデル – Impress Watch

セイコーウオッチは、GPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」から、ブランドのイメージキャラクターを務める … …