Home モデル メルセデス Gクラス 4×4スクエアード 後継モデル、開発終盤か…新色ブルーで威風堂々 – レスポンス

メルセデス Gクラス 4×4スクエアード 後継モデル、開発終盤か…新色ブルーで威風堂々 – レスポンス

19 second read
0
78


開発終盤と思われるメルセデスベンツの究極のオフローダー、『G500/G550 4×4スクエアード』後継モデルの最新プロトタイプをキャッチした。

同モデルは2016年に『Gクラス』のフラッグシップとして登場。六輪駆動車『G63 AMG 6×6』の足回りなどを継承し、巨大な22インチホイールを装着、ポータルアスクルとリフトアップした車高を備え、地上高は224mm高い460mmという圧巻のボディが大きな特徴だ。さらにトラックを11.7インチワイドにすることにより安定性を向上させている。

後継モデルではアーキテクチャから刷新されるとともに、AMGブランドでの発売が予想されている。

メルセデスベンツ G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)
豪雪の北ヨーロッパで捉えた最新プロトタイプは、これまで出現した白や黒ではない、新色のダークブルーだ。ルーフラックの上部にはまだ覆われているセクションがあるが、LEDライトバーが隠れている可能性が高い。

さらにズームインすると、フロントアルミニウム製ウィッシュボーンとオフローダー用の巨大ブレーキが確認できる。赤いブレーキキャリパーはダークブルーのボディとマッチしてない感が否めないが、発売時にさまざまなカスタマイズカラーオプションの1つとなると思われる。

パワートレインはAMG製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンが予想され、最高出力は前世代の416psをはるかに超える585ps、最大トルク849Nmが予想される。

G500/G550 4×4スクエアード次期型のデビュー日は不明だが、今後数か月以内と思われる。今年はジュネーブモーターショーも開催されないため、公開はオンラインとなるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【マスク】人気モデル 田中里奈 プロデュース『We'll×田中里奈コラボ ComfitMASKシングルタイプ ピンク』3月10日(水)発売開始! – PR TIMES

【商品特徴】 〇We’llオンラインストアhttps://we-ll-mask.com/  … …