Home モデル モデルは桜木花道 AIロボット、Bリーグにデビュー?

モデルは桜木花道 AIロボット、Bリーグにデビュー?

6 second read
0
110

【動画】バスケットボールのシュート対決でプロ選手に勝利したロボット「CUE(キュー)」=佐藤正人撮影

 倉庫でほこりをかぶるはずだった1体のロボットが、男子プロバスケットボールBリーグのコートに立つ。人工知能(AI)でシュートフォームを学習する人型ロボットの「CUE(キュー)」だ。プロ選手をも上回るシュートの精度をかわれ、Bリーグ1部(B1)アルバルク東京(A東京)の一員として“デビュー”することになった。

 「入り方が全部一緒。どうしようもないね」。A東京のザック・バランスキー選手(25)はあきらめ顔で言った。東京都府中市にあるA東京の練習場で20日、キューとA東京の選手によるシュート対決が行われた。キューが10本連続で決めたのに対し、ザック選手と安藤誓哉選手(25)のペアは6本目で失敗。安藤選手は「1本くらい外してくれるかと思ったけど……。悔しい」と顔をしかめた。

 キューは身長190センチ。バスケ漫画「スラムダンク」の主人公・桜木花道をイメージしてつくられた。アルミ製の骨格に樹脂製のブロックを張り付け、関節部分は歯車で出来ている。

■2~4メートルの距離ならほぼ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

鈴木伸之『ラジエーションハウス』ブログフォロワー急増 – ニコニコニュース

4月8日(月) … …