Home モデル モデルチェンジの可能性が高いハスラー ジムニーの人気に続くか – livedoor

モデルチェンジの可能性が高いハスラー ジムニーの人気に続くか – livedoor

20 second read
0
46


 2019年は2年に1度の東京モーターショーイヤー。数多くの新車やフルモデルチェンジさせた車が登場しそうだが、ジャーナリストの河野圭祐氏が注目の1台に挙げるのが、スズキの次期「ハスラー(クロスオーバーSUVタイプの軽自動車)」だ。

 * * *
 スズキといえば2018年、実に20年ぶりにフルモデルチェンジした、クロスカントリー4WDの「ジムニー」が大ヒットになった。11月の中間決算説明会では、同社の鈴木俊宏社長がこう語っていたほどだった。

「新規のお客様を含め、今までのジムニーでは信じられないほどのバックオーダーをいただいている。なにせ受注台数が多いので、2019年の早い時期に増産体制を整えたい」

 このジムニー、世間の関心の高さが1つの指標にも表れていた。ヤフーが2014年から創設した「Yahoo!検索大賞」で、2018年のクルマ部門賞を獲ったのだ。同部門賞を遡ると、2017年がトヨタ自動車の「ハリアー」、2016年もトヨタの「エスティマ」、2015年はホンダの「S660」、そして2014年がスズキの初代ハスラーだった。

 軽自動車の販売台数だけ見れば、ホンダの「N‐BOX」が首位、2位がスズキの「スペーシア」と、圧倒的な居住空間のハイトワゴンが続いているが、ほかにも、スズキには「アルト」や「ワゴンR」といった同社の代名詞的なクルマがある。いまや、日本市場では軽の占有率が4割前後を占めるまでになったが、硬派で趣味性の高いジムニーやデザインがシャレているハスラーは、所有欲を満たしてくれる軽といえる。

 ジムニーの場合は、20年ぶりのフルモデルチェンジでファンの渇望感が満たされたのと、先祖返りのようなスクエアフォルムをまとって登場したこともあって人気が急上昇し、販売台数では測れない存在感を示したといえる。

 そのジムニーまではいかないまでも、ハスラーも、前述したように検索大賞の部門賞を獲ったくらいだから、次期型も相当、注目度は高そうだ。

 ジムニーは、鈴木修会長の思い入れの強いクルマといわれるが、ハスラーの登場(2014年1月発売)にもストーリーがある。

 かつて、スズキには最低地上高を上げたSUVルックの軽で「kei」があったのだが2009年に生産を終了。keiは1998年に発売され、生産終了まで11年間、フルモデルチェンジを受けることなく継続販売された。地味だったが、それだけ根強いファンに支えられていたのだろう。そして、鈴木修氏が生産終了を惜しむ声を直接聞き、開発陣に新しいクロスオーバーSUVの開発を命じたのだ。

 ハスラーの登場時はすでに現在のSUVブームが到来しており、デザイン的には「BMWミニ」を彷彿とさせながら、最低地上高を上げたハスラーのSUVルックは大いに受け、CMキャッチコピーの“遊べる軽”もかなり浸透していった。

 特に、クルマのルーフとボディのカラーを分けたツートーンカラータイプはオシャレ感がうまく演出され、目を引いた。筆者も自宅から最寄り駅までの道でツートーンカラーのハスラーを何度も見かけ、思わず振り返った記憶がある。

 ともあれ、2014年初頭に発売されたハスラーが大人気となったからこそ、デザイン的に“兄ハスラー”ともいうべき、小型車の「クロスビー」が1年前の2017年に登場(12月25日発表、発売)したともいえる。

 前述したジムニーは例外として、スズキのクルマはおおよそ5年、ないし6年でフルモデルチェンジされるケースが多い。ハスラーは2018年に入ってからも「タフワイルド」や「ワンダラー」といった特別仕様車を出してきているが、これまでのモデルチェンジサイクルに照らすと、2019年はアルト、そしてハスラーの新型が登場する可能性が高い。

 同業他社の中には日本市場は放置状態で、フルモデルチェンジを受けないままのクルマも少なくないし、ようやく日本市場にも投入と思ったら、海外ですでに先行販売していたクルマを日本向けにチューニングし、おまけで投入した印象のクルマもある。

 日本で、特に若年層のクルマ離れが加速している理由として、真っ先に挙げられるのが税金、保険、高速道路代、駐車場代などのランニングコストが高い点だ。自動車メーカーも活路を海外に求めるから勢い、クルマの価格がどんどん上がり、車両もどんどん肥大化してきた。

 日本の、特に生活道路にはまったくマッチしていないサイズのクルマが多くなった中で、米国や中国市場からすでに撤退し、大きなクルマを作る必要性が少ないスズキは、いまや最も日本市場に寄り添った自動車メーカーかもしれない。

 スズキのクルマが変わった起点は、2004年に登場した初代「スイフト」からと言われる。それまでは、特に登録車はあまり高い評価は聞かなかったが、スイフト以降はクルマの足回りや操縦安定性、乗り味などで飛躍的に進化を遂げたとの声が多い。

 また、「オラオラ顔」や「見るからに不細工」など、デザイン面で酷評される国産車が増えている中で、スズキも外したクルマはあれど、総じていえば「そうそう、こういうのを待っていた。スズキは消費者のニーズが分かっているじゃん」といった声が多く聞かれる。その最たる存在がジムニーやハスラーだろう。

 ハスラーは現行モデルがヒットしただけに、大方の予想は「あまりいじらず、キープコンセプトのデザインに落ち着くはず」との指摘が多い。ハード的には、ワゴンRの新しいプラットフォーム搭載とか、軽初のフルハイブリッドバージョンなども噂されているようだが、順当なら2019年12月前後にはお目見えするのではないかといわれる次期ハスラー。ジムニーに負けず劣らず話題になることは間違いない。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

インスタグラムで話題になった「クラウドエッグ」の作り方 – Business Insider Japan

食べ物も「映え … …