Home モデル モデルチェンジ並みに刷新!! 大胆な変貌遂げて登場した現行モデル5選 – ベストカーWeb

モデルチェンジ並みに刷新!! 大胆な変貌遂げて登場した現行モデル5選 – ベストカーWeb

43 second read
0
49


 日本車のモデルチェンジサイクルが長くなっている。かつてはほぼ4~5年に1回フルモデルチェンジして刷新されるのが一般的だったが、現在は6~8年作り続けられるクルマも増えてきている。

 なかには10年以上も作り続けられているクルマもあり、そんなクルマにとっては魅力をキープするためにビッグマイチェンは必須となってくる。

 本企画では、フルモデルチェンジ並みの変貌を遂げた現行モデルを集めてみた。

文:ベストカー編集部/写真:LEXUS、MITSUBISHI、MAZDA、TOYOTA、NISSAN、HONDA、SUBARU

【画像ギャラリー】3タイプのフロントマスクを持つクルマも!! マイナーチェンジで激変したかつての日本車10選


レクサスIS

ビッグマイチェン:2020年秋(予定)


LSを彷彿とさせる大型スピンドルグリル、ヘッドランプ、デイタイムランプ、バンパーのデザインがガラリと変更された新型ISは全幅も30mm拡幅

すでにオーダーが打ち切られているマイチェン前のIS。フロントマスクのイメージはまったく別物というレベル(写真はマイチェン前)

 2020年6月13日にレクサスISの新型モデルが世界初公開された。

 ボディサイズは全長4710×全幅1840×全高1435mmで、マイチェン前のISと比べると全長、全幅で+30mm、全高で+5mm大型化。マイチェンで全幅を変更するのは珍しい。

 新型ISはデザインの変更が凄い。LS並みに大型化されたスピンドルグリル、ヘッドライトデザイン、それに伴うバンパーの変更などフロントマスクは迫力を増している。


左右を真一文字につないだリアコンビが特徴的だが、Cピラーの形状、ドアのキャラクターラインも変更されている。同一パーツはなし!?(写真はマイチェン後)

フロントドア、リアドア下端からサイドに回り込んだリアコンビの下にかけて一連のラインが流れるのがISの特徴だったが、新型では消滅(写真はマイチェン前)

 圧巻はリアセクションで、Cピラーの形状変更(これによりルーフラインも変更)、新デザインのリアドアのキャラクターライン、左右をつないだ真一文字のリアコンビの採用などによりまったく別グルマに変貌している。

 詳細は発表されていないが、外板パネルでは同じものはまったくないように思われる。

 それに対しパワーユニットは、3.5L、V6DOHC、2.5L、直4DOHC+モーター、2L、直4DOHCターボの3種類で変更はない。

 装備面では設計の古さゆえに泣き所となっていたのが安全装備だったが、レクサスの最新のタイプのものが与えられたのも大きい。

 ISは2013年デビューだからフルモデルチェンジしても不思議ではないタイミングにビッグマイチェンを選択したのは、単なる延命ではなく、新世代ISへの重要なつなぎのモデルであることに期待したい。

三菱デリカD:5

ビッグマイチェン:2019年2月


2019年2月にダイナミックシールドの採用により縦型LEDマルチタイプ+LEDポジションという斬新なフロントマスクとなった。リアコンビもデザイン変更

 デリカD:5は2007年にデビュー。デリカスペースギアの後継モデルとしてSUVとミニバンのクロスオーバーというキャラクターを踏襲しながらも車名を一新。

 毎年のように変更を加えたり特別仕様車を設定するなどして安定した販売をマークしてきたが、デビュー12年目となる2019年2月に大胆にデザインを変更してきた。

 三菱のデザインアイデンティティであるダイナミックシールドを採用。

 リアコンビのデザインも一新された。特に縦型のLEDマルチタイプ+LEDポジションというヘッドライト+大型グリルという斬新なフロントマスクのデザインは、あまりのアクの強さにユーザーを驚かせたが、あっという間に認知され大好評。


デビュー当初はアクが強く、好みがわかれると思われたフロントマスクだが、時間の経過とともに強靭なキャラクターのD:5にはベストマッチと評判は上々

 このビッグマイチェンでは、待望の衝突被害軽減ブレーキをはじめとする安全装備、運転支援装置などが設定されたのもユーザーから歓迎されている要因だろう。

 ダイナミックシールドを採用したフロントマスクはディーゼル搭載モデルだけで、ガソリンモデルにはデビュー以来のデザインとして差別化を図っていたが、ガソリンモデルの廃止によって、現在は新顔のみとなった。

 ここまで大胆で好みがわかれるデザインが成功したのは、デリカD:5というブランド力が後押していているのは間違いない。


デリカスペースギアの後継モデルとしてスッキリ系デザインで登場したデリカD:5。マイチェン後もこの顔は残っていたが、ガソリンモデル消滅でジ・エンド

三菱RVR

ビッグマイチェン:2019年8月

 現行RVRは2010年にデビュー。大ヒットした初代を受けて登場した2代目の不振により2003年にモデル廃止となったが、7年ぶりに復活したのが現行の3代目RVRだ。

 乗用車的に使えるコンパクトSUVというのをアピールし、その使い勝手のよさ、買い得感の高い価格設定、ギュッと引き締まった塊感のあるデザインがウケた。カワセミブルーのボディカラーも話題になった。


シルバーのパーツがヘッドライト、グリル回りでXを象っているダイナミックシールドの採用によりスポーティに変貌を遂げたRVR

 しかしその後は台頭するライバルに対して存在感を失って、完全に埋もれた状態になってしまい、そのままモデル消滅か、と思われていた2017年にダイナミックシールドを採用、2019年にはさらに進化した新デザインが与えられた。

 デザインだけ見ると、フルモデルチェンジしたのか、まったく別グルマかと思えるような変貌ぶりで大きくリフレッシュ。地味だったRVRが派手なって魅力アップしている。


当時の三菱のデザインアイデンティティだった上下をつないだジェットファイターグリルをアレンジしていたRVR。現行モデルに比べるとかなり地味

 しかしスタイリッシュになったRVRだが、エクリプスクロスの存在が目の上のたんこぶ状態であることは間違いない。

 フロントマスクは似ているが、スタイリッシュさではクーペSUVのエクリプスクロスのほうが上だし、人気のディーゼルもラインナップしている。

 敵は内にあり、ということだろうか……。

三菱ミラージュ

ビッグマイチェン:2015年12月、2020年4月


ついにミラージュにダイナミックシールドが採用された。2020年4月だから、最も最新のダイナミックシールドとなる。デビュー時からこのテイストで出ていれば……

 現行ミラージュは2012年から日本で販売を開始。三菱のビッグネームのミラージュが12年ぶりに復活して話題になった。

 現行ミラージュはタイで生産したモデルを日本に輸入する形で販売。ミラージュのデビュー当時は燃費と価格が重要視された時代で、そのニーズに合わせ、燃費がいいコンパクトカーで軽自動車よりも安く買える、というのがセールスポイントだった。

 その戦略はいい線をついていたが、いかんせん安っぽすぎた。これは同じくタイ生産に切り替えたマーチと同じように、ハイクォリティが当たり前になった日本人を満足させることができずに苦戦。


2015年のマイチェンでグリルの変更をはじめ、フロントセクションを大幅に変更して別顔になったミラージュ。一気に質感が高くなった

燃費がよくて扱いやすいコンパクトカーながら、軽自動車よりも安い、をセールスポイントにしていたが、チープというレッテルを貼られて苦戦

 ミラージュは2015年にビッグマイチェンを敢行。厚みを増したボンネット、グリルを装着してフロントマスクに高級感を与えてイメージ一新を狙ったが大きく奏功せず。

 そして2020年4月には、ダイナミックシールドが採用されて二度目の大変貌を遂げた。最初からこの顔でデザインされていたと思わせるほど違和感がない。デビュー時と比べるとクォリティも大幅にアップしている。

 デリカD:5、RVR同様にミラージュについても言えることは、三菱は制約が多いなか、既存のモデルを大胆かつ魅力的に変貌させるのがうまい。

 あとはそれが販売につながってくれることを願うばかりだ。

マツダ6

ビッグマイチェン:2018年5月(アテンザ時代)


下のマイチェン前に比べると高級感のあるグリル、空力を重視したエアロパーツによってマツダのフラッグシップとしてふさわしい威厳を得た

横桟グリルがスポーティな印象を与えるマイチェン前のアテンザ。あまり変わっていないようで印象はかなり違う

 マツダ6は2019年6月にマツダのグローバル戦略に則ってアテンザからマツダ6に車名変更されたが、その前年の2018年にフルモデルチェンジ並みのビッグマイチェンを受けている。

 エクステリアデザインはグリルなどの変更というマイチェンの常套手段で、これまで紹介してきた4モデルほどの変貌は遂げていない。

 しかしインテリアはインパネ、ドアトリムのデザインも大幅に変更されて一新したのに加えて、シートも新デザインのものが与えられた。同一モデルの内装をここまで変えるのは珍しい。


アテンザはマイチェンでインパネ、メーターパネル、ドアトリムのデザインを変更。普通のマイチェンではやらないレベル。シートも新タイプが与えられた

マツダはインテリアデザイン、素材にこだわっていて、写真のマイチェン前も充分に高級感があるが、上のマイチェン後が進化しているのがわかる

 車体やシャシーについても、2019年のアクセラに採用された車両構造技術の要素を前倒しで採用し、前後サスペンションも新構造のものに変更するなど、マイチェンとは思えないほど手が加えられている。

 SKYACTIV-G、SKYACTIV-Dのエンジンはスペックアップ、回転フィールの向上などの進化をして、動力性能面、質感の部分でも大きく進化。

 装着するタイヤもブリヂストンと共同開発して一新するなど、走りはマイチェン前とは全く別物に変貌している。

 マツダは昔からラインナップ数が少ないこともあり、モデルチェンジサイクルを長めにして1台のクルマを熟成させてきた。

 そのスタンスは現在も変わらず年次改良制を採用することで、より細かく手を入れているが、時にビックリするような大掛かりな改良を施してくるから凄い。

 惜しむべくは、タイミングで、マツダ6の車名変更にこのビッグマイチェンができていれば、もっとユーザーに訴求できたことだろう。


2019年6月にアテンザからマツダ6に車名変更されたが、2018年にビッグマイチェンを終えていたのでほとんど変更なし。そのために埋もれている感は否めない

【画像ギャラリー】3タイプのフロントマスクを持つクルマも!! マイナーチェンジで激変したかつての日本車10選

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ホンダ、「第24回 カフェカブミーティング in 青山」インスタグラムコンテストの詳細を発表 – ウェビック バイクニュース

ホンダは、「カフェカブミーティングin青山 」オンラインイベントで開催する「インスタグラムコンテスト」の続報を … …