Home モデル ヤマハ PAS、20型『シティ-C』『シティ-X』2021年モデル発売へ…新アシスト制御を採用 – レスポンス

ヤマハ PAS、20型『シティ-C』『シティ-X』2021年モデル発売へ…新アシスト制御を採用 – レスポンス

18 second read
0
70

ヤマハ発動機は、軽量コンパクトな20型電動アシスト自転車「PASシティ-C」「PASシティ-X」の2021年モデルを2月3日(PASシティ-Xは3月下旬)より発売する。

PASシティ-C/Xは、軽量で取り回しのしやすいアルミ製フレームに、軽量・コンパクト・高性能のドライブユニットを搭載。扱いやすさとパワフルで軽やかな乗り心地を両立させている。

2021年モデルでは、スマートパワーアシストを新たに搭載。高回転領域の出力アップを果たし、低速~中速ギアを使った登坂をさらに快適にする。坂道で軽いギア(1速、2速)に切り替えた時などにペダルを漕ぐスピードが速く(高回転)なっても、空回り感なくパワフルなアシストを得ることができる。

アシストモードは、「強モード」「オートエコモードプラス」に加え、「スマートパワーモード」を用意する。走行中の人の動きや路面の状況から、最適なアシストパワーを自動で制御。急な坂道や荷物積載時などパワーが必要なシーンではパワフルにアシストし、アシストの必要性が低くなる平坦路や下り坂ではパワーをセーブする。

また、前回使用時(電源オフ時)に選択していたアシストモードを記憶し、次回使用時(電源オン時)に記憶したモードで起動する「走行モードメモリー機能」を搭載する。

PASシティ-Cは、カジュアルなデザインと街中などでも取り回ししやすい軽量コンパクトな小径20型モデル。乗り降りしやすくカジュアルな印象を与える低床U字型フレームを採用するほか、可愛いデザインと機能性を両立させたデルタハンドル、大型テリーサドル、砲弾型バッテリーランプなどを搭載する。

2021年モデルのカラーリングは、カジュアルな印象で手軽に楽しく外出したくなる「グロススモークイエロー」「マットアンバー2」「マットブラック」を新たに設定(全4色)したほか、駐輪時にふらつきを押さえるパーキングストッパーも新たに採用した。価格は12万4300円。

PASシティ-Xは、スマートに街乗りを楽しめる軽量コンパクトな小径20型モデル。クールでスタイリッシュな印象を与える直線的なX字型フレーム(Xフレーム)や、スポーティな走りを実現するセミスリックタイヤ、セミストレートハンドル、スポーティサドル、優れた制動力を発揮するVブレーキなどを搭載(前輪)する。

2021年モデルのカラーリングは、都会の様々なシーンにマッチする「ホワイトオレ」を新たに設定した(全3色)。価格は12万8700円。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ざわちん 「前髪復活」&「太陽光盛り」にフォロワー「極美」「何やっても可愛い」称賛(2021年1月17日)|BIGLOBEニュース – BIGLOBEニュース

 ものまねメークで知られるタレントのざわちん(28)が17日、自身のインスタグラムを更新し、久々に前髪を下ろし … …