Home ユーチューバー ユーチューバーが指南 沖縄旅行の台湾人に トラブル防止へ – 沖縄タイムス

ユーチューバーが指南 沖縄旅行の台湾人に トラブル防止へ – 沖縄タイムス

8 second read
0
81

 レンタカー予約サイト「たびらい」を運営するパム(沖縄県那覇市、長嶺由成社長)は、台湾人の沖縄旅行者向けに、交通ルールが異なる日本でのレンタカー利用法や運転の注意点を紹介する動画を作成し、動画配信サイト「ユーチューブ」で発信している。チャンネル登録者数20万人を持つ台湾の人気ユーチューバーが気を付けるべきポイントをかみ砕いて発信。ユーチューバーならではの訴求力と拡散力を生かして、レンタカー事故の抑止につなげる。(政経部・仲田佳史)

<!–

–>

日本のレンタカー利用法や交通ルールを紹介するユーチューブの動画

動画撮影をする台湾の人気ユーチューバー「iku老師」=6月8日、那覇市内(マリンポートパートナーズ提供)

動画撮影をする台湾の人気ユーチューバー「iku老師」=6月8日、那覇市内(マリンポートパートナーズ提供)

日本のレンタカー利用法や交通ルールを紹介するユーチューブの動画
動画撮影をする台湾の人気ユーチューバー「iku老師」=6月8日、那覇市内(マリンポートパートナーズ提供)

 6月22日の公開から20日余りで4万5千回以上再生され、周知が徐々に広がっている。

 パムは2015年度に予約サイトを開設し、県内でレンタカーサービスをしている9社の車両を紹介している。海外からの航空路線の就航やクルーズ船の寄港回数の増加に伴い、外国人のレンタカー利用も急増。パムによると、18年度の外国人旅行者の予約サイト利用件数は15年度比の7倍以上で、台湾からの利用者が増えている。

 一方、台湾は、日本と反対の右側通行でハンドルも左が主流。交通ルールの認識も異なり、信号が黄色になったら減速して止まる意味ではなく、通過を急ぐ合図として捉えるという。

 県警によると、18年のレンタカーによる事故は244件で過去10年間で最多。観光客の増加でこの先、外国人による事故が増える可能性があるとして、一時停止の立て看板や交通ルールを記したチラシを中国語で表記するなど、対策を進めている。一方通行の道路に進行方向とは反対から侵入したり、一時停止の表示を知らずに通行したりする事例もあるという。

 パムは外国人観光客を支援するコンサルタント会社マリンポートパートナーズ(浦添市)と動画を作成した。

 出演は台湾で日本語を教えている日本人ユーチューバーの「iku老師」。約3年前から日本の観光地や台湾との文化の違いなどを紹介する動画約380本をユーチューブに上げて人気を集めている。

 6月上旬に来沖し、事故が起きやすい右折時の注意確認やバスレーン時間帯の走行禁止、前を走行する車両と十分な距離を取ることなどの動画を撮影。10分間に編集し、ユーチューブに公開している。iku老師は「冗談を交え楽しい雰囲気になるよう気を付けた。台湾の方々が事前学習で安全な運転を心掛けることを願っている」と話した。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

セブン崩れる「最強神話」不祥事続発、モデルにひずみ – 日本経済新聞

小売業界で最強といわれてきたセブン―イレブン・ジャパンのビジネスモデルが揺らぎ始めている。本部社員がフランチャ … …