Home モデル ランドローバー ディスカバリー、2018年モデルの受注開始 コネクティビティ機能強化

ランドローバー ディスカバリー、2018年モデルの受注開始 コネクティビティ機能強化

18 second read
0
128

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、7人乗りフルサイズSUV、ランドローバー『ディスカバリー』2018年モデルの受注を4月2日より開始した。

2018年モデルのディスカバリーは、多彩なコネクティビティ機能を強化・標準装備化し、利便性を向上。最大8つのデバイスに対応するWi-FiホットスポットをLTE化したほか、離れた場所でドアロックや解除、シートやエアコンの設定ができる「リモートプレミアム」、スマートフォンアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」などを標準装備とした。

また、電話やエンターテインメント機能を操作できる12.3インチの高解像度インタラクティブドライバーディスプレイも、2018年モデルより標準装備。車速やナビゲーション情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)とイオン空気清浄機能付エアコンをオプション装備に追加した。

価格はガソリンエンジンのHSE 3.0L P340が819万7000円、HSE ラグジュアリー 3.0L P340が921万7000円。ディーゼルエンジンのHSE 3.0L D258が839万7000円、HSE ラグジュアリー 3.0L D258が941万7000円。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

不登校の小学生YouTuber炎上騒動 琉球新報の責任は重大だ – NEWSポストセブン

スマホで気軽に発信したことが後々大きな禍根を残すこともある  誰もが発信者となれる時代になったことそれ自体に異 … …