Home モデル ランドローバー ディフェンダー、2021年モデルの受注開始 110に3Lディーゼル導入 – レスポンス

ランドローバー ディフェンダー、2021年モデルの受注開始 110に3Lディーゼル導入 – レスポンス

10 second read
0
16

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバー『ディフェンダー』2021年モデルの受注を11月17日より開始した。

2021年モデルでは、5ドアロングボディ「110(ワンテン)」の機種体系を見直した。最高出力300ps/最大トルク650Nmを発揮する、最新の3.0リットル直列6気筒ディーゼルエンジン(MHEV)を導入。新グレードとして最上級の「X」と、タフさやダイナミックさを強調する内外装を採用した「X-ダイナミック」を追加している。

また、ブラインドスポットアシスト、クリアイグジットモニター、アダプティブクルーズコントロール、ドライバーコンディションモニター、レーンキープアシスト、360°パーキングエイド、リアトラフィックモニター、トラフィックサインレコグニション&アダプティブスピードリミッターといったドライバー支援システムを標準装備し、より安全性を高めている。

さらに、オンラインパックに、専用の通信データプランを用意。施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを、スムーズで快適な通信環境下で、データ容量を気にすることなく使用できるようになった。

オプションについても見直し、3列目シート選択時に同時装着が必要な装備をすべてパッケージにした「ファミリーパック」や空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)を新規設定したほか、「110」でもファブリクルーフが選択できるようにした。

新型ディフェンダーは、テーマにあわせたオプションや機能を盛り込んだ4種類のアクセサリーパック(エクスプローラーパック、アドベンチャーパック、カントリーパック、アーバンパック)を用意。また2021年モデルでも日本専用仕様「キュレイテッドスペック」7種類を用意した。

価格は529万円から1124万円。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ユーチューバー『水溜りボンド』オワコン化!? チャンネル登録者430万人も… (2020年11月23日) – エキサイトニュース – エキサイトニュース

(C)MPH Photos / Shutterstock  中高生から絶大な支持を受けている男性ユーチューバー … …