Home モデル レンジローバー ヴェラール、2021年モデルの受注開始 ロードノイズ低減機能を初採用 – レスポンス

レンジローバー ヴェラール、2021年モデルの受注開始 ロードノイズ低減機能を初採用 – レスポンス

13 second read
0
96

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『レンジローバー ヴェラール』2021年モデルの予約受注を3月10日より開始した。

2021年モデルでは、エンジンラインアップを見直し、マイルドハイブリッドを採用した最新2.0リットルインジニウムディーゼルエンジン(最高出力204ps/最大トルク430Nm)を導入。2.0リットル直列4気筒インジニウムガソリンエンジン(最高出力250ps/最大トルク365Nm)と合わせた2種類を展開する。

また、車内のロードノイズを低減させ快適なドライビング環境を提供する新機能「アクティブロードノイズキャンセレーション」をランドローバー初採用する。メリディアンサウンドシステムに設定される新機能は、各ホイールに設置した加速度計がロードノイズの原因となる振動を検知。そのロードノイズを反転させた逆位相を自動計算して、車内のスピーカーから発生させ、走行中のノイズを打ち消す。新機能は低周波ノイズが起因する運転時の疲労の低減にも効果が期待できる。

さらに、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなど多彩なドライバー支援システムに加え、快適な通信環境を提供する最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準装備。安全性と利便性も向上させた。

価格は787万円から1076万円。

また2021年モデルでは、ヴェラールの流麗なデザインを引き立てる限定グレード「ヴェラール エディション」もガソリンモデルに設定する。スポーツ志向の「R-ダイナミック SE P250」をベースとし、エクステリアはサントリーニブラック、アイガーグレイ、ハクバシルバーのほかに専用色のランタオブロンズを用意。スライディングパノラミック&ブラックコントラストルーフ、ブラックパック、20インチ スタイル7014 7スポーク(グロスブラックフィニッシュ)など、黒を基調した装備で全体を引き締めて、よりモダンで洗練された外観に仕上げている。

価格は1013万円。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

フォロワー26万人の美少女コスプレイヤー・紗愛「大事故だった初めてのコスプレ」 – マイナビニュース

キュートなルックスとセクシーなコスプレ写真でSNSを中心に人気を博す、Twitterのフォロワー数が23万人超 … …