Home モデル レンジローバー 2021年モデル受注開始、誕生50周年記念の特別仕様車も設定 – レスポンス

レンジローバー 2021年モデル受注開始、誕生50周年記念の特別仕様車も設定 – レスポンス

12 second read
0
16

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、高級SUV『レンジローバー』の2021年モデルを発表し、9月11日より受注を開始した。

2021年モデルでは、限定グレード「ウェストミンスター」をはじめ、「SVオートバイオグラフィー ダイナミックブラック」を用意すると同時に、レンジローバー誕生50周年を記念した特別仕様車「レンジローバー フィフティ」を38台限定で受注する。

限定グレードのウェストミンスターは、パノラミックルーフ、メリディアンサラウンドサウンドオーディオシステム、ブライドメタルペダル、スエードクロスヘッドライニング、イルミネーテッドドレッドプレートを特別装備。このウェストミンスターにブラックパックを装着し、ダイナミックな印象で存在感を際立たせた「ウェストミンスター ブラック」も用意する。

SVオートバイオグラフィー ダイナミックブラックは、ランドローバーの高性能モデルやビスポークオーダーが専門のスペシャルビークルオペレーションズ(SVO)が手掛ける最高峰グレードとなる。22インチホイールや専用トレッドプレート、専用エクステリアアクセントを搭載。全体をブラックで統一した重厚感ある仕上がりとなっている。

また今年はレンジローバーが誕生した1970年からちょうど50年という節目の年。特別仕様車レンジローバー フィフティを、生誕年にちなんで世界1970台限定で生産し、日本では38台限定で受注する。限定車には、ジェリー・マクガバンCCOの手書きによる「Fifty」の文字がエクステリアだけでなく、インテリア各所にも添えられている。さらに、初代レンジローバーの歴史あるヘリテージカラー(タスカンブルー、ダボスホワイト、バハマゴールド)も選択可能。こちらは世界で150台のみ生産、日本では各カラー5台ずつの計15台を限定で用意する。

価格は3.0リットルV6ディーゼル(4機種)が1493万円から1790万円、PHEV(5機種)が1550万円から2956万円、5.0リットルV8ガソリン(6機種)が1702万円から3202万円。レンジローバー フィフティは2299万2000円、ヘリテージカラーは2468万8000円となる。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

第1子出産のジジ・ハディッド、ママとしてインスタグラムに初投稿! – ハーパーズ バザー・オンライン

ママになったジジ・ハディッドに送る言葉として最もふさわしいのは、まさに「おめでとう!」の一言! 9月23日(現 … …