Home モデル ロシア生まれの元モデルが「日本で芸能事務所社長」になるまで(bizSPA!フレッシュ) – Yahoo!ニュース

ロシア生まれの元モデルが「日本で芸能事務所社長」になるまで(bizSPA!フレッシュ) – Yahoo!ニュース

13 second read
0
19

 コロナ禍で多くの企業が業績不振にあえいでいる。そんななかでも、攻めの姿勢で事業を進める女性社長がいる。ロシアのハバロフスクに生まれたアンナ・エルショワさん(32歳)は現在、外国人モデル・ハーフモデルなどを中心にマネージメントを手がける東京のモデルエージェンシー株式会社aNmoda(aNmoda Co.,Ltd)代表取締役を務めている。

 大学生のときに1年間限定の交換留学で来日。本人曰く「日本にハマってしまった」ことで大学卒業後に起業し、今も日本で暮らしている。「LEON」「FUDGE」「HONEY」「CLUEL」といった有名ファッション誌から、SONY、TOYOTAやユニクロなどのグローバル企業ともビジネスを行う彼女に、若いビジネスマンのための仕事の心得を聞いた。

ロシアから日本にやってきた理由

――そもそも日本に興味を持つようになったきっかけは?

アンナ・エルショワ(以下、アンナ):大学で日本への留学プログラムを見つけて、1年限定で新潟経営大学に留学したんです。もともと子供の頃から日本の文化に興味があり、いつか住んでみたいとも思っていて。留学でやっぱり気に入ってしまい、1年後に新潟経営大学に転入して今に至ります。

――日本の文化に興味があった理由は?

アンナ:父親が船長だったので、海外の文化が身近にあって、和食や寿司など日本の食文化も好きでした。ロシアでは生魚は食べないので、それも新鮮でした。日本人の性格も、自分にあっていると思っていて。「この服似合ってないよ」みたいに、外国人はストレートな物言いをしますが、日本人は相手のことを考えて発言する。私も、はっきりものを言えないのですごくいいと思います(笑)。

――会社経営を決めたのはなぜでしょうか。

アンナ:一番大きかったのは、母親も会社を経営していたことです。ロシアに帰って起業することも考えましたが、せっかく日本で会計や経営の勉強をしたので、この知識と経験をもとにできればと。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

高知県内の26市町村がSNS活用 フォロワー5.4万人、観光や移住PR – 高知新聞

地域の特色ある風景などをアピールする自治体のSNS画面のコラージュ(岡崎紗和作成)  行政の広報活動に会員制交 … …