Home モデル 上位モデル譲りの上質な走り タイム「アルプデュエズ21」 – Cyclist(サイクリスト)

上位モデル譲りの上質な走り タイム「アルプデュエズ21」 – Cyclist(サイクリスト)

43 second read
0
50

 タイムのクライミングバイク「ALPE D’HUEZ」(アルプデュエズ)のセカンドグレード「アルプデュエズ21」をインプレッション。上位モデルの素性の良さを受け継ぎ、ロードバイクの本質を捉えた“ロードレーサー”の走りをレビューする。

タイム「アルプデュエズ21」 Phot: Masami SATOU

上位モデルとの違いもメリットの一つ

 アルプデュエズ21は、上位モデルの「アルプデュエズ01」から製法を踏襲しつつ、使用しているカーボン繊維のグレードや使用比率を変更してコストダウンを図ったモデルだ。特徴として天然素材を用いたバサルト繊維を盛り込み、振動吸収性を高めている。

フロントフォークにはベクトランが顔を覗かせる Phot: Masami SATOU

 また、形状も若干ながら異なっている。01では専用シートポストが付属しているが、21では丸断面で汎用品の27.2mm径シートポストが適合する。オフセット角度や重量面など、好みのシートポストを装着できるのでホビーサイクリストにとっては一つのメリットとなるだろう。その他、ラグ製法が用いられたチェーンステーやシートステー、高強力繊維であるベクトランが顔を覗かせるフロントフォークコラムなど、基本設計は01から大きく変わりはない。重量は01がSサイズで840gに対し、21は930gとなる。

シートポストは汎用品の27.2mm径を使用 Phot: Masami SATOU
チェーンステーとBBはラグで接続 Phot: Masami SATOU

アンダー30万円のベストバイ

 走り始めてすぐに感じたのは「TIMEらしい!」の一言。今回試したバイクには振動除去機構を備えた「アクティブフォーク」は装着されておらず、クラシックフォークのモデルだったが、重厚感溢れるハンドリングにブランドらしさ現れていた。

フロントフォークを軸に抜群の安定感を実現したまさにロードレーサーな走り Phot: Masami SATOU

 誤解を恐れずに言うともっさりとした重々しいフィーリングで、ロードバイクの肝はフォークだと言わんばかりの存在感を放っている。コーナリングの安定感は素晴らしく、タイトコーナーへの突っ込みでも恐怖心でブレーキレバーを握り過ぎることもない。コーナリング中に路面が荒れていても振動をいなし、車体をコーナー出口へと導いてくれる。

 01に対してやや重量がかさんだフレームだが、むしろこちらの方が好印象だった。01は確かに軽く、まさにクライミングバイクを地で行くポテンシャルを誇っていたが、1000Wを超えるスプリントシーンではややリア三角に頼りなさも現れた。グレードを落とした繊維が用いられている21は、素材自体の剛性は落ちているかもしれないが、重量が増した分、踏んだ際の反応がよりダイレクト。フォークとのバランスも良く、ロードレースへの相性が抜群だ。

 今回試したリムブレーキ+クラシックフォークの組み合わせでは税抜29万8000円と01の約半額。タイムの入門用には最適ではないだろうか。しかし、性能は半減するどころか、フレームセットでアンダー30万円の部類では抜きんでた上質さを実現しつつ、“TIMEらしさ”も表現されていた。強いて言うなら旧来の大きくTIMEと表されたロゴに見慣れ過ぎていて、デザインがやや寂しい。21にもカラーオーダー(アップチャージ)がラインナップしているので、好みのカラーへカスタムしてみてもいいだろう。

上下に分かれたスイッチで直感的な操作で変速 Phot: Masami SATOU
リアは11速に対応 Phot: Masami SATOU

 試したバイクにはFSAの電動変速コンポーネント「K-Force WE」が組み込まれていた。このときが初見だったが、変速方法は直感的で特に説明は必要なし。雨の中でのライドだったが、確実に変速スイッチを捉えることができた。電動変速の利点を生かした軽いタッチも魅力的だった。変速スピードは他のコンポーネントと特段差異は感じない。アプリケーションとの連携でコンポーネントの状態や設定も行えるとのことなので、もう少し長い期間使用してみたいところ。好奇心をくすぐられるコンポーネントであった。

■タイム「アルプデュエズ21」(クラックフォーク)
税抜価格:298,000円
サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
カラー:ホワイトアンスラサイト、レッドブラック
重量:930g(Sサイズ)

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ファインピース、「#Pro_Detailer」インスタグラムキャンペーンの開始を発表。「キレイをはじめよ。」のキャッチコピーで、本来のクルマの美しさをひきだす「カーエステ」のプロモーションを展開。 – 時事通信

[ファインピース / Fine Piece] ファインピース株式会社(本社:福岡県福岡市)は、クルマの本来の美 … …