Home モデル 世界500台限定|カワサキ Ninja ZX-10R/RR、2021年モデルはオイルクーラーを追加! – MotorFan[モーターファン]

世界500台限定|カワサキ Ninja ZX-10R/RR、2021年モデルはオイルクーラーを追加! – MotorFan[モーターファン]

1 min read
0
43

  • 2020/11/28
  • MotorFan編集部 北 秀昭


写真はNinja ZX-10Rをさらに進化させた、全世界500台限定生産のNinja ZX-10RR(2021年モデル)。

国内でも発売中のカワサキ・Ninja ZXシリーズのフラッグシップモデル「Ninja ZX-10R」と「Ninja ZX-10RR」。北米と欧州で発表された2021年モデルは、カウル形状の変更と小型ヘッドライトの採用、オイルクーラーの追加装備、サスペンションセッティングの最適化など、高いサーキット走行性能をさらに向上させている。国内では2021年春頃に発売予定だ。
REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)
※注:写真はすべて欧州仕様


カワサキ・Ninja ZXシリーズの最高峰「Ninja ZX-10R」と「Ninja ZX-10RR」の2021年モデル

New 2021 Kawasaki Ninja ZX-10R & Ninja ZX-10RR | Feature Video |

New 2021 Kawasaki Ninja ZX-10R and ZX-10RR | Unveil and Product Review |

 カワサキのNinja ZX-10R&Ninja ZX-10RRは、Ninja ZXシリーズのフラッグシップモデル。市販車最高峰のロードレースであるスーパーバイク世界選手権において、6年連続でライダー&マニュファクチャラーズタイトルを獲得したことでも有名だ。

 2021年モデルは、その高いサーキット走行性能をさらに向上。また、川崎重工グループの技術を結集した証として、「Ninja H2」を始めとしたH2シリーズに続き、2021年モデルよりリバーマークも付与されている。

エンジン&足周りはココが変わった!

 新排ガス規制のユーロ5に適合した水冷4ストローク並列4気筒DOHC 998ccエンジンは、スーパーバイク世界選手権参戦マシンからのフィードバックに基づき、空冷オイルクーラーを新たに装備。限定生産(全世界500台)のNinja ZX-10RRは、パンクル社製チタンコンロッドに加え、新たに同社の軽量ピストンを採用し、レブリミットを引き上げている。

 足周りはコーナリング性能と軽快なハンドリング性能の向上のため、ジオメトリーをアップデート。それに伴い、サスペンションセッティングも最適化された。スイングアームはピボット位置を変更。ホイールベースは10mm延長して安定感をアップ。



ラジエター下部にオイルクーラーを新設し、エンジンオイルの冷却効率をアップ。


外装類をすべて取り外した状態。超極太のメインフレームが印象的。

攻撃的なデザインと電子制御装備

 一体型ウイングレットを装備し、先進的なエアロダイナミクスを取り入れたカウル形状と小型ヘッドライトにより、空力性能を向上。また、次世代ニンジャスタイルの指標となる、新たなデザインを採用。

 また、「エレクトロニッククルーズコントロール」や、スマートフォン連携機能を備える「TFTインストゥルメントパネル」などの新装備を追加。幅広いシチュエーションにて、スポーツライディングを楽しむことができる。




限定生産(全世界500台)のNinja ZX-10RR。専用ピストン・コンロッド・カムシャフトでレブリミットを引き上げ

カワサキ Ninja ZX-10RR……国内では2021年春頃に発売予定



ライムグリーン


ライムグリーン


ライムグリーン


Ninja ZX-10RRはパンクル社製チタンコンロッドに加え、軽量ピストン、専用カムシャフトを組み込んでレブリミットを1万4300rpm→1万4700rpmに引き上げ。


Ninja ZX-10RRは専用のシングルシートを装備。






RRとともに、空力性能を向上させたNEWデザインを採用

カワサキ Ninja ZX-10R……国内では2021年春頃に発売予定



ライムグリーン×エボニー


ライムグリーン×エボニー


ライムグリーン×エボニー


フラットエボニー


フラットエボニー


フラットエボニー


メタリックスパークブラック×メタリックカーボングレー


メタリックスパークブラック×メタリックカーボングレー


メタリックスパークブラック×メタリックカーボングレー

カワサキ Ninja ZX-10R/RR 主要スペック

※カッコ内はRR
全長×全幅×全高:2085mm×750mm×1185mm
軸距:1450mm
シート高:835mm
車重:207kg
エンジン:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
排気量:998cc
最高出力:203ps/13200rpm・ラムエア加圧時213ps/13200rpm(204ps/14000rpm・ラムエア加圧時214ps/14000rpm)
最大トルク:11.7kg-m/11400rpm(11.4kg-m/11700rpm)
変速機:6段
燃料タンク容量:17L
キャスター角:25°
トレール:105mm
FブレーキF:φ330mmダブルディスク+4ポットキャリパー
Rブレーキ:φ220mmディスク+1ポットキャリパー
Fタイヤ:120/70ZR17
Rタイヤ:190/55ZR17






専用のリバーマークを採用。


ヘッドライトは明るいLEDを採用。





































































現行モデルのカワサキ Ninja ZX-10R/RRをチェック


♯1 生粋のスーパースポーツでの街乗りは苦か楽か……Ninja ZX-10R SEで出かけてみた。/カワサキ

都内から相棒のNinja ZX-10R SEを飛ばし、筑波サーキットへ。道中もなかなか楽しませてもらったが、やはり本領を発揮するのは…

あわせて読みたい


♯2 「これなら思い切って攻めても大丈夫」Ninja ZX-10R SEは、安心をもたらす絶対的な存在だ。/カワサキ・サーキットインプレ

都内から相棒のNinja ZX-10R SEを飛ばし、筑波サーキットへ。道中もなかなか楽しませてもらったが、やはり本領を発揮するのは…

あわせて読みたい


今回のモデルチェンジは「Ninja ZX-10RR」“RR(ダブルアール)”の名にふさわしい! シリーズ最高峰の204PS/カワサキ

カワサキを量産バイクレースの最高峰であるスーパーバイク世界選手権、4連覇へ導いたベースマシン「Ninja ZX-10RR」が国内モ…

あわせて読みたい


ファクトリーカラーで堪能すべし!「 Ninja ZX-10R KRT EDITION 」フィンガーロッカーアーム等でパワーは200PSから203PSにUP!/カワサキ

カワサキを量産バイクレースの最高峰であるスーパーバイク世界選手権4連覇へと導いた、ファクトリーマシンと同イメージのカラ…

あわせて読みたい


「カワサキ Ninja ZX-10RR」超ド迫力!2019鈴鹿8耐優勝マシンが目の前に【東京モーターショー2019】

7月25日から28日にかけて、三重県の鈴鹿サーキットで開催された「鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会(以下、鈴鹿8耐)」…

あわせて読みたい

2021 カワサキのNEWモデルを動画でチェック

2021 Kawasaki Models | Model Launch



Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

人気シリーズのエピソード完結にフォロワーも涙? 圧が強いパチパチ先輩の指導にパパママ唖然… – 東奥日報

「パチパチ」シリーズを見守ってきたフォロワーは涙?(画像提供:ツボウチさん)  一児の母ツボウチさんがTwit … …