Home ユーチューバー 中国の人気YouTuber 自国の国歌をふざけて歌い5日間身柄を拘束される

中国の人気YouTuber 自国の国歌をふざけて歌い5日間身柄を拘束される

8 second read
0
96


 4400万人ものフォロワーを擁する有名な21歳の中国人女性が、中国の国歌である「義勇軍進行曲」の冒頭の数小節を両手を指揮者のように振り上げたり、回したりして、BGMを流しながら、軽妙で声を張り上げてふざけているように歌った。これにより当局の逆鱗に触れ、ユーチューブのチャンネルは閉鎖され、彼女自身5日間も身柄を拘束されていたことが分かった。「中国国歌法」に基づく処分という。米政府系報道機関「ラジオフリーアジア(RFA)」が報じた。

 ネット上では、「ちょっとおふざけが過ぎたね」や「受けを狙って、悪乗りしたんだろうけれども、手痛いしっぺ返しを受けたよね」と彼女を批判する書き込みもある一方、「少しふざけて国歌を歌っただけで、5日も拘束するなんて、やり過ぎだ。ひどい恐怖政治だ」との当局批判も多い。

 この人気女性は上海在住で、本名、楊凱莉さん、芸名は莉歌(リコ)。ライブで自分の生活を映像で流すというライブストリーミングで人気を博している。日本の歌手で、ファッションモデルの「きゃりーぱみゅぱみゅ」に似ているキャラクターの持ち主だ。

 そのリコは10月7日のライブ映像で、高い音程で、楽しそうに、両手を振って、「チライ、ブユアンイヌーリダレンメン(「立ちあがれ、奴隷になりたくない人たちよ」という意味)」と国歌を最初から数小節歌ったが、見方によってはふざけているとも思えるような歌い方だった。

 このため、ネット上では「国家を侮辱している」などとの書き込みが多くみられるようになった。これを受けて、ネットをチェックしているサイバー警察が介入し、リコのライブ放送のアカウントは突然凍結されてしまった。

 さらに、リコの自宅に上海市警察の警察官が踏み込み、リコを警察署に連行し、事情聴取するなどして5日間も拘束したのち、リコは釈放された。拘束の根拠は、中国の全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)常務委員会が昨年9月に採択した「中国国歌法」で、国歌を公共の場で侮辱するなどした場合、15日以下の拘留と罰則が定められている。リコを拘束した上海警察の担当者はリコに対して、「国歌は厳粛に立って歌わなければならない。国歌に対する冒涜だ」と指摘し、声明も出している。

 釈放されたリコは「愚かでした。放送中ふざけた態度で国歌を歌ったことを謝罪します。私の行動を見て感情を傷ついたファン、ネットユーザー、そしてこの配信サイトに謝罪いたします。中国には一生服従します」などとの謝罪文を発表した。

 しかし、RFAは「リコの事件では、あまりに当局のやり方は非人道的で、高圧的であり、表現の自由を奪うものだとの抗議が絶えず、警察署前の路上でクラクションを鳴らして抗議の意を表明する人々が後を絶たない」などと報じている。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ファインピース、「#Pro_Detailer」インスタグラムキャンペーンの開始を発表。「キレイをはじめよ。」のキャッチコピーで、本来のクルマの美しさをひきだす「カーエステ」のプロモーションを展開。 – 時事通信

[ファインピース / Fine Piece] ファインピース株式会社(本社:福岡県福岡市)は、クルマの本来の美 … …