Home モデル 中国TCL、廉価な折りたたみスマホのコンセプトモデルを展示 – Engadget 日本版

中国TCL、廉価な折りたたみスマホのコンセプトモデルを展示 – Engadget 日本版

16 second read
0
54

中国TCLは、スペインにて開催された MWC 2019にて、廉価な折りたたみスマートフォンのコンセプトを複数機種展示しました。

海外テックメディアのMashableが掲載した端末の画像からは、内折りタイプの折りたたみスマートフォン、そして縦に小さく折りたためるスマートフォンが確認できます。

このうち、内折りタイプの折りたたみスマートフォンは7.2インチ/2048×1536ドットの有機ELディスプレイを搭載。折り曲がるヒンジ部分にはTCL開発の「DragonHinge」が採用され、本体背面にはLEDによる発光表示が組み込まれています。

また、縦に小さく折りたためるスマートフォンにもDragonHingeが採用されます。折りたたんだ姿はマネークリップのようで、ポケットなどに引っ掛けて持ち運ぶこともできそうです。

TCLは、具体的な価格については触れていないものの、これらのDragonHinge採用折りたたみスマートフォンを2020年に投入したいとしています。サムスンの「Galaxy Fold」が1980ドル(約22万円)、ファーウェイの「Mate X」が2299ユーロ(約29万円)と、フォルダブル端末がもう少し手の届く価格帯になると期待しつつ登場を待ちたいところです。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

トランプ氏、ツイッターCEOにフォロワー減の不満伝える=関係筋 – ロイター (Reuters.co.jp)

 4月23日、トランプ米大統領は、ホワイトハウスでツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)と会談した。20 … …