Home モデル 人手不足の業界にロボット導入モデルプラン 産官学で検討 – NHK NEWS WEB

人手不足の業界にロボット導入モデルプラン 産官学で検討 – NHK NEWS WEB

6 second read
0
47

ロボットの普及に向けて国や大手企業などが参加する官民の特別作業チームが作られ、人手不足が特に深刻な小売や外食などの現場でのロボット導入のモデルプランを検討することになりました。

この特別作業チームには、経済産業省と、トヨタ自動車、イオン、キユーピー、三菱地所など、すでにロボットを活用している20余りの企業や大学などが参加します。

外食などの業界では人手不足が深刻になっているものの、業務が複雑なことやコストが高くなることなどからロボットの普及が進んでいません。

このため特別作業チームは、コストの引き下げに向けて、ロボットが担う作業や通信規格などをできるだけ共通化させることを検討します。

そのうえで、小売・外食、食品、施設管理の3つの分野を対象したロボット導入のモデルプランを年度内にもまとめることを目指しています。

経済産業省は「人手不足に苦慮する企業が幅広くロボットを導入していく基礎を構築したい」としています。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

なぜゴルフの高性能モデルは“ホットハッチの鑑”なのか?(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

最高出力310ps “ホットハッチ”とは、運転が楽しめる高性能ハッチバックのこと。昨今はドイツやフランス、さら … …