Home モデル 人気だったモデルの最終形態は!? 往年のスペシャリティカー5選(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース

人気だったモデルの最終形態は!? 往年のスペシャリティカー5選(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース

11 second read
0
36

 スペシャリティカーというジャンルが無くなったわけではありませんが、クーペやスポーティカーといった呼び名が一般的になったため、使われなくなったようです。

 そこで、絶大な人気を誇った往年のスペシャリティカー5車種の、最終モデルを振り返ります。

●日産「シルビア」

 日産を代表する小型スペシャリティカー「シルビア」は、1965年に初代が発売。初代はデザインを優先したモデルで、製造工程の多くを手作業としたために量産できず、高額なモデルとしてわずか554台のみが生産されるに留まりました。

 2代目以降は一般的な量産車となり、次第にハイパワー路線へと突き進み、1988年に発売された5代目は好景気を背景に大ヒットを記録します。

 コンパクトでスタイリッシュな2ドアクーペのボディに、ハイパワーなエンジンを搭載したFR車として、スポーツドライブ好きからの高い支持を得ることに成功。優れた外観デザインは、女性からも人気も獲得したことで、デートカーとしても好評を博しました。

 そして、6代目ではボディサイズを拡大し、当時流行していた3ナンバーサイズに変更されます。

 しかし大型化されたボディは軽快感が失われたと不評で、5代目ほどの人気を獲得できず、販売は低迷。そこで、1999年に発売された7代目は、全長4445mm×全幅1695mm×全高1285mmとサイズダウンし、5ナンバーサイズに戻されました。

 シャープなフォルムのボディは車重が1270kgから1250kgに軽量化され、エンジンは2リッター直列4気筒ターボのままでしたが、最高出力を220馬力から250馬力へアップ。新に搭載された6速MTと相まって、走行性能も向上しています。

 しかし、7代目シルビアは排出ガス規制強化の影響で、わずか3年7か月で生産終了となり、同時にシルビアの歴史にも幕を閉じました。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

岩井俊二「ユーチューバーに元気もらった」コロナ禍で映像のプロが気づいたこと〈週刊朝日〉(AERA dot.) – Yahoo!ニュース

 コロナ禍の公開となった映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語」を手掛けた岩井俊二監督。生活スタイルや心境にどん … …