Home ユーチューバー 人気YouTuberのボクシング対決が成功、「本物」選手の意見は二分 – 時事通信

人気YouTuberのボクシング対決が成功、「本物」選手の意見は二分 – 時事通信

8 second read
0
26

2019年11月12日09時20分

【ロサンゼルスAFP=時事】人気ユーチューバーとして知られる英国のKSIと米国のローガン・ポールが9日、米ロサンゼルスでボクシング対決を行った。二人のプロデビュー戦となった試合は、多くの視聴者を集める成功を収めた一方で、プロ選手たちの意見は二分している。(写真は米ロサンゼルスでボクシング対決する人気ユーチューバーのKSI〈左〉とローガン・ポール)
 人気歌手のジャスティン・ビーバーさんや人気ラッパーのウィズ・カリファさん、元ヘビー級世界王者のマイク・タイソン氏ら多くのセレブリティーが訪れたステープルズ・センターでの一戦は、昨夏に英マンチェスターで行われた試合の再戦。
 「インターネット史上最大のイベント」と銘打たれた初戦はアマチュアルールで行われ、引き分けに終わっていたが、この日の2試合目は6回戦のプロデビュー戦として開催され、試合はKSIが判定2─1(57─54、56─55、55─56)で勝利。ポールは4回、キャンバスに膝をついたKSIにパンチを打ち込んだとして、2ポイント減点された。
 試合後、一日中体調不良だったことを明かしたポールは負けた気がしないと話し、「またリングで会おう」「戻ってくる」と宣言。一方のKSIは、「もう終わり」「俺は次に進む」とポールと3試合目を戦う可能性を否定した。
 試合を放送したライブストリーミングサービス「DAZN(ダゾーン)」のジョセフ・マーコウスキー氏はAFPに対して「土曜日は大成功だった」「KSI対ローガン・ポールのイベントは、登録者数の増加に大きくつながっただけでなくマスコミの注目も集め、ボクシングという競技を全く新しい層に紹介した」「それが最初から目標だったし、結果には非常に満足している」と成功を強調した。
 しかしながら世界3階級制覇王者のベテラン、アブネル・マレス(メキシコ)はツイッター上で「いつから『ボクシング』はこんなジョークになったんだ??」とスターユーチューバー同士の一戦をこき下ろし、次のように続けた。
 「昨夜のファイトに関しては、皆それぞれ考えや意見があるのは分かるが、一定のレベルに到達するまで多大な犠牲を払い、ふさわしい対価を得ている本物のプロボクサーとしては、本当に多くの意味で侮辱だ」
 「試合の放送やプロモーションのやり方のことを言っているのではない。もちろん彼らとしては経済的に賢いと言えるからだ。しかし、試合では命を脅かしかねないルール違反のパンチが何度もあったし、6ラウンドの試合で彼らが手にする金額や、本物のプロがアンダーカードになるのはいただけない」
 「多くの人が面白い試合だったと言っているのは知っているが、それならストリートの薬物依存者同士のけんかも同じだ。自分は本物のプロとしての見解を話しているだけ。だが自分たちは今、狂った世界に生きているということも覚えておかないといけない」
 一方、元世界スーパーライト級王者のアミール・カーン(英国)は、ファイトに好意的な考えを示し、「二人の新米ファイターが見事な試合を見せた。友人の@KSIOlajidebt、アンラッキーだった@LoganPaulをたたえたい。3試合目があっても驚かない」とツイートした。
 また、シドニー五輪のスーパーヘビー級で金メダルを獲得したオードリー・ハリソン氏は、二人は前回の対戦から成長したと評価し、「純粋なボクシングファンは、あの試合の基本的な技術の部分をねちねち言うかもしれないが、どちらも昨年から大きく改善したし、全体的に言えばボクシングに傷をつけるようなことはしなかったと思う。特に二人にとってデビュー戦だったことを考えればね」と話している。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕

この記事の英文はこちら【英文時事コム】

【ワールドEYE記事一覧へ】
【アクセスランキング】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

SNS世代1600人を徹底調査 好きなユーチューバー&インフルエンサーTOP5 – WWD JAPAN.com

 「WWDジャパン」12月2日号は“SNS世代”特集。全国の服飾専門学校生約1600人にアンケート調査を行い、 … …