Home モデル 今秋フルモデルチェンジを果たすロールス・ロイスの高級セダン「ゴースト」、CEOが発売への想いを語る – @DIME

今秋フルモデルチェンジを果たすロールス・ロイスの高級セダン「ゴースト」、CEOが発売への想いを語る – @DIME

10 second read
0
31

2009年にデビューしたロールス・ロイスの高級セダン「ゴースト」から新型モデルが今秋登場するという。そんな新型「ゴースト」の導入について、ロールス・ロイス最高経営責任者のトルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏が以下のようなレターを公開したので紹介しよう。

読者の皆様へ

ロールス・ロイスからのニューモデルの誕生は、間違いなく歴史的な瞬間となります。しかしそれと 同時に、新型ゴーストの導入にはきわめて重大な責任が伴います。

今秋デビューする新型ゴースト は、2009 年の発売以来、当ブランドの 116 年の歴史において最も成功したモデルとなった初代グッ ドウッド・ゴーストの後継モデルです。初代ゴーストは時代を超越した魅力を湛えた車で、10 年以上 に及ぶ長いライフスパンを享受し、素晴らしい成果を残してきました。

その後を継ぐニューモデルの開発が最終段階にさしかかったとき、私たちは新型コロナウィルス感染症の世界的な大流行に直面しました。この目に見えない敵は、世界中の人々の暮らしや経済に 深刻な影を落としました。

ロールス・ロイスでは、そんな逆境の中でも常に前向きなスピリットを維持 してきました。グッドウッドにあるロールス・ロイス本社工場や世界各地で働く従業員の健康と幸福 に最大限の重点を置いた上で、私たちは責任を持って慎重にこの素晴らしい車の最終的な仕上げ 作業を続けてきました。

この経験が私たちに思い起こさせてくれたことがあります。「スピリット・オ ブ・エクスタシー」をシンボルに掲げるロールス・ロイスが、これまでも、しなやかな強さとともに困難 に耐え、大きな夢と努力の象徴として人々に支持されてきたということです。

次の 10 年間にわたってゴーストの顧客の心に響く製品を創り出すために、私たちは顧客が何を求 め、何を欲しているのか、その声にじっくりと耳を傾ける必要がありました。

その結果わかったこと は、顧客はゴーストの多様性とキャラクターの幅広さに大きな魅力を感じている、ということでした。 ゴーストは、オーナーが自らステアリングを握ってドライビングを楽しめる車であると同時に、必要に 応じてショーファードリブンカーとしての役目を果たすことも求められています。

また顧客は、その無駄をそぎ落したシンプルさにも魅力を感じ、ゴーストを称して「ロールス・ロイスを所有するための、 少し小柄で控えめな手段」と形容しています。

さらに、これまで以上にミニマリズムを追求したデザインを強く望む声も聞かれました。この要望は、 ウェスト・サセックス州グッドウッドのロールス・ロイス本社におけるラグジュアリー・インテリジェンス 部門やデザイナーたちの研究結果とも共鳴するものでした。

ここ数年、ゴーストの顧客を含む特定 の富裕層顧客の動向を調査研究してきた私たちは、この動向を「ポスト・オピュレンス」(脱贅沢)と 名付けました。

私たちは、こうした顧客がミニマルで抑制の効いたラグジュアリーを好む傾向にある ことに気づきました。彼らは無駄な装飾を否定し、デザインの純粋性を追求しています。このミニマ リズムに加えて、ゴーストの顧客は革新的かつエフォートレスなテクノロジーと、現実的で確かなエ ンジニアリングも求めています。

もちろん、努力と成功を象徴し、偉大さを感じさせ、圧倒的な存在感を放つ贅沢なアイテムや製品 の市場は今後も存在するでしょう。けれども、私たちロールス・ロイスは、グローバルな富裕層市場 を構成する顧客層におけるニーズの変化に常に注意を払っています。

その流れの中で、私たちは 5 年前、新型ゴーストの創造に着手しました。そしてそれは、初代から 引き継いだコンポーネントがスピリット・オブ・エクスタシーと傘だけという、完全な新開発モデルへと 結びつきました。

新型ゴーストは、英国ウェスト・サセックス州グッドウッドにあるグローバル・センタ ー・オブ・ラグジュアリー・マニュファクチャリング・エクセレンスにおいて、ゼロからデザイン・開発・ 製作されました。これが「ポスト・オピュレンス」(脱贅沢)志向の顧客層の要望と期待に対する私たちの答えです。

ゴーストは、ロールス・ロイスとして史上最も純粋な表現に徹したモデルです。これは、当ブランドの 構成要素を再解釈して生み出された、美しくミニマルかつ複雑な製品で、ゴーストの顧客のニーズ に完璧に調和しています。また、いま私たちが生きている時代にも完璧に同調しているモデルであると私は考えています。

ロールス・ロイスは常に将来を見据えて歩み続けています。当社は、その時代の一時的な制約にと らわれたり縛られたりしない製品づくりを追求しています。私たちは積極性と希望を持って、より良 い将来のために計画を立て、完璧を求めて努力し、偉業や大望を想起させる力強いシンボルを作 り出していきます。

このスピリットに則り、私たちは今後数ヶ月にかけ、皆様に新型ゴーストを味わっていただく機会を ご提供します。この歴史的な瞬間についての詳細な情報は、数週間のうちにお届けします。

まず は、4 つの美しいアニメーションによりゴーストの顧客層のライフスタイルと、かつてない崇高な表現 で具現化された、このロールス・ロイスを支える高度なテクノロジーに関する詳細をご紹介します。

こうした形での情報提供を経て、最終的に新型ゴーストはフルデジタルの環境で皆様に公開されま す。その後、顧客向け、メディア向け、および一般向けのイベントを世界各地で開催する予定です。

以上、宜しくお願い致します。 皆様、お体に気をつけて、前向きなスピリットでお過ごしください。

トルステン・ミュラー・エトヴェシュ

関連情報:https://www.rolls-roycemotorcars-japan.com/

構成/DIME編集部

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

『好き』と『合う』、 年齢とともに変化するバランスを探求したい【モデル・竹下玲奈】(集英社ハピプラニュース) – yahoo.co.jp

マリソルモデルの竹下玲奈がSTAY HOME期間中に改めて考えたことや、お気に入りファッション・コスメ・雑貨を … …