Home ブロガー 介護士ブロガー、月収100万円でも生活費8万3000円 節約して暮らす意義 – livedoor

介護士ブロガー、月収100万円でも生活費8万3000円 節約して暮らす意義 – livedoor

6 second read
0
58


正社員より身分が不安定といわれる「派遣」という働き方をあえて選び、職場での仕事を「取材」につなげている26歳の介護士ブロガーがいます。ブログの収入は100万円を超える月も。記者生活30年、「社会保障」の分野を20年近く取材してきた朝日新聞の浜田陽太郎編集委員(53)が注目したのは、モノ書きとしての「稼ぐ力」でした。

【写真特集】月収100万円の月も、26歳介護士ブロガーの素顔 ノウハウ培った参考書、乗っている車は?

53歳が注目する26歳ブロガー

文章を書いて稼ぐ。いつの時代も難しいものです。

私はもうかれこれ30年近く新聞社で記者をしてきました。でも組織の看板なく、自分の書くものの原稿料だけで暮らしていけるかというと自信がありません。はっきりいって不安です。

そんな迷える53歳のサラリーマン記者が注目しているブロガーがいます。26歳の介護士、深井竜次さんです。通称、たんたん。

島根の高齢者施設(老人保健施設)で月8回、午後5時から翌日の午前10時までの夜勤をこなして月給が15万円ほど。一方、ブログに貼った広告から得られる、いわゆるアフィリエイトの収入が月間でコンスタントに数十万円、100万円を超える月もあります。

「稼ぐ力」でかなわない

深井さんの話を聞いて感じた驚きや、アフィリエイト広告がもうかる背景にある介護業界の人手不足については朝日新聞デジタルで記事にしました。

【関連】25歳、月収100万円ブロガーに記者が教えられたこと(朝日新聞デジタル)

【関連】派遣で働く介護職、なぜ「コスパ」がいい?(朝日新聞デジタル)

もちろん、新聞記者が、アフィリエイターと同じことをしたら「ステマ」として糾弾されるので同列には論じられません。それでも、モノ書きとしての「稼ぐ力」をヨーイドンで競ったら、深井さんにとてもかないそうにない。

深井さんの場合、ブログのマーケットが明確で、かつ伸びているのが大きいですね。高齢化社会なので、介護に携わる人は200万人近くいて、今後も増えていきます。

月の生活費は8万3000円

もうひとつ、ブログを読んでいていつも感心するのは、深井さんの「節約する力」です。

月の出費はだいたいこんな感じだそうです。

・家賃:30000円(駐車場代込み)
・食費:15000円
・書籍:14000円
・車関係(保険・ガソリン):10000円
・通信費:5000円
・光熱水費:7000円
・コンタクト:2000円
――【簡単】介護士向けに「お金の貯め方」を分かりやすいように解説【貧困からの脱出】

合計で約8万3000円程度だそうです。彼女と同棲しているので家賃などは折半。「家賃など大きな固定費を減らす」のがポイントとのこと。

節約は大変そうだし、お金が入るとつい使っちゃいそうですよね。でも、深井さんは節約して暮らす意義は大いにあるといいます。「少ないお金で生活できるのは大きなリスクヘッジになる」からです。

人間は生活レベルを落とすのはストレスが大きい。若いころは低い生活水準への耐性をつけ、どんなところでも生きていける自信をつけることがオススメなのだと。

書籍費は「投資」、1万4000円

お金の使い方にもポリシーがあります。気づきましたか? 書籍費が1万4000円と高いことに。月に10冊は本を読むのだそうです。「消費と投資を区別してお金を使う」というのがポイントです。

【投資】書籍代、機材購入、セミナー費、教材の購入、先駆者に会いに行く等
【消費】飲み代、美容院、衣類、通信費、飲み物、移動代、車の購入等

53歳がグッときた26歳の生き方

いつもは介護現場での働き方についての記事をブログに書いている深井さんですが今月、自分の「生き方」を振り返った記事を書きました。

深井さんは保育の専門学校卒。4年前に無資格で介護に転身しましたが、月給は手取り15万円もいかず、「このままでは結婚して、子どもを育てるような生活は難しい。やばいと感じていた」と当時のことを話していました。その危機感から行動を起こしたのです。

そのなかで、53歳の私にもグッとくるポイントがありました。

(1)レールを外れるリスクをとる

深井さんの場合は、あえて正社員より身分が不安定といわれる「派遣」という働き方を選び、住み慣れた地元を離れ、昨年から今年にかけて期間限定で東京に出ました。

自分のブログのターゲットを介護士に絞り込み、その働き方について「取材」をするためです。収入減を覚悟で介護職員として働く日数を減らし、ブログを書く時間を確保したのもリスクをとったということでしょう。

(2)ずらした努力を続ける

介護士として頑張って働いている人はたくさんいます。深井さんはフルタイムで働くのが苦手。

ならば「文章を書く」ことを頑張り、自分を差別化する道を選びました。

ブログはここ3年間、ほぼ毎日更新。以前はブログを書くのは大変で時間がかかっていたけれど、最近は慣れてきて速く楽になってきているそうです。

(3)「完璧主義」は自信のなさのあらわれ

大げさにいえば「横っ面を張られた」感じになったのがこのメッセージです。

《まずはどんどん行動してアウトプットしないと何も変わらない。カッコつけたりプライドが残っていて動けない人が多い。完璧主義というけど、それは単に自信のなさのあらわれ。ごちゃごちゃ言わずまずは世の中に出すべきだ》

単に自信がない……。それって、(私を含めた)多くの中高年にあてはまるかも……。

「働き方を開く」ということ

深井さんに初めて話を聞いたとき、印象に残った言葉があります。「働き方を開いた方がいい」というのです。どういう意味でしょうか?

たとえば介護の仕事だけで稼がないといけないと思うと、プレッシャーがかかります。であれば、何らかの副業を持った方がいい。他に少しでも稼ぐ方法があれば安心できる。

副業は「それに時間を割いても苦痛じゃない趣味の延長線がいい」とのこと。手芸でもマージャンでも絵画でも何でもいい。介護職なら趣味をお年寄りといっしょに楽しめば喜ばれて介護の質も上がります。

みんなと同じ道は安心か?

もう一つ、「仕事を開く」ためにオススメなのはブログや書くことだそうです。

たとえアフィリエイトでマネタイズできなくても「こんなことやってるんだよ」と他人に見せることができて、自分個人のブランディングにつながるからです。

みんなと同じ道は安心かもしれないけれど、世間からの評価も期待も横並びになりやすい。それで本当の安心を得られますか? 煎じ詰めると、これが深井さんからの問いです。とても深いと思います。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ファッションユーチューバーのリョウマツモトがSNS投稿禁止のイベント開催 – WWD JAPAN.com

 セレクトショップ「ハウデイ(HOWDAY)」を運営するユーチューバーのリョウマツモトは11月23、24日の2 … …