Home モデル 住吉高校/4 モデル・アンミカさん 訴え実りチョゴリで卒業

住吉高校/4 モデル・アンミカさん 訴え実りチョゴリで卒業

6 second read
0
655


モデルのアンミカさん=大阪市中央区で、菅知美撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ふるさと>

 ◆住吉高校=大阪市阿倍野区

モデル・アンミカさん(46)=1990年卒

 韓国出身のモデル、アンミカさん(46)=1990年卒=は、自分のルーツを大切にしたいと卒業式にただ一人、民族衣装のチョゴリを着て出席した。校則では民族衣装を認めていなかったが、住吉高校の先生は、彼女の訴えを理解して許可した。「私を一人の人間として受け止めてくれた」と感謝する。【聞き手・桜井由紀治】

 ■生徒信じ私服OK

 私が在籍していた当時の住高(すみこう)には制服がなく、みんな私服で通っていた。生徒手帳にも「華美に流されないようにしよう」という一行があるだけ。生徒を信頼していたからだろう。「自分の個性を大切にしていいんだよ。ただ、必要以上の華やかさが、学ぶことが多い今のあなたたちに必要ですか」と問いかけられているように思えた。

 自由だと、自分でルールを作るようになる。逆にあれだめ、これだめと規則だらけになると、みんな自由がほしくなってエネルギーが違う方向に飛び出してしまう。初めから信頼されているので誰もむちゃなことなんてしない、そんな校風がとても気に入っていた。

 ただ家が貧しかったので、入学したての頃は制服の方が楽なのになと思っていた。年ごろになると、かわいい服を着たい。みんなブランドのロゴが入ったトレーナーを着てくるが、私は買えない。家庭科で習ったパターンを使い、自分で縫製して服を作った。そのフレアスカートを着ていくと、家庭科の先生は「面白いアイデアね、すてき」と褒めてくれた。そのうち私服のことが気にならなくなるぐらい、楽しい学校生活が待っていた。

 家計を助けようと毎朝新聞配達、週末はパン屋などでアルバイトをしながら、部活動も陸上部を続けた。種目は800メートル。風を切って走るのが好きだった。高校に入ると身長が10センチも伸び、入学時に買ったジャージーはすぐ小さくなってしまったが、新しく買えない。ボロボロのまま練習していたら、コーチの先生が新品を買ってくれた。「出世払いでいいよ」と。私は泣いた。後にお金を返しに行ったが、先生の優しさは生涯忘れない。

 高校に入る時に大好きだった母を病で亡くし、一時心のバランスを崩した。先生や友達は親身になって支えてくれた。モデルの仕事がしたいと担任の先生らに相談すると、「君が輝けるのなら、自分の選択を大切にしなさい」と応援してくれた。卒業してすぐにパリに行こうと決心したのも、背中を押してくれた先生や友達のおかげ。住高生活がなかったら、今のモデル・アンミカはない。

 ■国籍という個性

 私は卒業式にただ一人、チョゴリを着て出席した。自分のルーツを大切にしたいという思いからだった。

 ところが、校則では民族衣装を認めていなかった。今は標準服があって卒業式は全員それを着るが、当時女子生徒の多くは、はかまや着物を着ていた。なぜはかまが良くて、チョゴリはだめなの。国籍というバックボーンは個性以外の何ものでもない。それを否定するのは、私を産んでくれた親までも否定することになる。校内で署名集めもした私の訴えを、先生は理解して認めてくれた。卒業式では、みんな「きれいね」と言ってくれて、万感の思いがこみ上げた。多感な十代は、規則だからと理不尽なことで言いくるめられると大人を信頼しなくなる。私を一人の人間として受け止めてくれた住高の先生方、本当にありがとうございました。=次回は5月8日に掲載


部活でファッションショーも

住吉高校ファッション部のファッションショー=同校提供

 住吉高校は部活動が盛んだ。現在、運動部は同好会を含め16、文化部20が活動、ユニークなクラブも多い。

 ファッション部は年5回、校内でファッションショーを開催=写真・住吉高校提供。衣装や構成は部員で考え、モデルも自分たちが務める。既製服のコーディネートから手作りのものまで、個性的な衣装が目立つ。部員たちは「良いショーを目指すあまり、みんな強く意見を主張するのでなかなか前に進まない」と笑顔を見せる。

 伝統芸能部は、雅楽に取り組む。スタディツアーと呼ぶ台湾への修学旅行で交流する高校で披露し、留学生にも体験してもらっている。「海外に日本文化を伝えたい」と言う。

 KCS(韓国・朝鮮文化研究部)は、外部講師から打楽器のチャンゴや舞踊など朝鮮半島の伝統芸能を習い「四天王寺ワッソ」などで発表。韓国・朝鮮語のスピーチにも力を入れる。「ワクワククラブがいっぱい。私も入部したかったな」とアンミカさん。


 ■人物略歴

アンミカ

 1972年韓国・済州島生まれ、大阪市生野区・阿倍野区育ち。高校時代からモデルとして活動する。93年パリ・コレクションデビューを果たす。韓国観光名誉広報大使。初代大阪観光大使。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

本当に日産ノート? まるで別人なイケメンに! 新旧モデルは何が変わった? – くるまのニュース

日産は、2020年11月24日に新型「ノート」を発表しました。3代目となる新型モデルは、従来モデルと比べてどこ … …