Home ユーチューバー 佐賀新聞×YouTube 嬉野温泉「湯豆腐」を食べ比べ 人気ユーチューバー、アルトゥルさんも登場 も搭乗 – 佐賀新聞

佐賀新聞×YouTube 嬉野温泉「湯豆腐」を食べ比べ 人気ユーチューバー、アルトゥルさんも登場 も搭乗 – 佐賀新聞

9 second read
0
208

<!–

–>

湯豆腐を食べ比べ、魅力を語り合う大村屋の北川健太社長(左)や吉川博光さん(右から2人目)=嬉野市嬉野町の大村屋

動画配信で、嬉野温泉の湯豆腐を味わう人気ユーチューバーのアルトゥルさん

動画配信で、嬉野温泉の湯豆腐を味わう人気ユーチューバーのアルトゥルさん

今回のイベントでメンバーが食べ比べた嬉野市内の湯豆腐

今回のイベントでメンバーが食べ比べた嬉野市内の湯豆腐

 佐賀新聞社は26日、YouTubeの公式チャンネルに、嬉野温泉名物「湯豆腐」を食べ比べた動画を公開した。湯豆腐が大好きなメンバーが1月に嬉野市の老舗旅館「大村屋」に集まり、市内で製造された豆腐全6種類を味わった。動画はYouTubeで生中継され、メンバーはそれぞれの特徴や温泉湯豆腐の魅力を語り、おいしい食べ方を視聴者に伝えた。 同旅館の北川健太社長とスタッフの吉川博光さん、フリーライターの大塚たくまさんらも参加。地元で製造されている6種類の豆腐を並べ、加熱前に試食した後、鍋で温めた湯豆腐を味わった。

 メンバーは加熱前の豆腐の硬さや加熱後の溶ける早さに、それぞれ違いがあることを発見。福田豆腐店は「とろとろでシルキー」、料理店・宗庵よこ長は「食感が残り、溶けてふわふわする」と特徴を捉え、それぞれの風味も堪能。ごま醤油と湯豆腐の残り汁を合わせて、スープとしておいしく味わえることも実感した。

 吉川さんは「食べ比べて分かることもある。家で湯豆腐を食べて、自分好みの味を探してみて」と話し、北川社長は「嬉野温泉は入っても食べても楽しめる。コロナが落ち着いたら、ぜひ嬉野に来てほしい」と呼び掛けた。

 当日は湯豆腐好きを公言する人気ユーチューバーのアルトゥルさん(ラトビア出身)が、ジョージアの自宅で湯豆腐を味わう姿も配信された。豆腐を手作りする動画も公開している。

 アルトゥルさんは「豆腐はジョージアで自分で作ったものを使いましたが、口の中でとろけるという初めての体験をしました。懐かしい日本の味を久々に食べることができて、本当に嬉しかったです」と話した。

 アルトゥルさんの動画配信は佐賀県の事業で、人気ユーチューバーらに県産品を紹介してもらうことで消費拡大につなげることを目的としている。(松田美紀)

[embedded content]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

元小学生ユーチューバー・ゆたぼん「不登校教育」めぐり激論 本人は「ほっとけ、俺の人生や!」(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

 2021年4月7日に投稿したYouTube動画で、中学校への「不登校宣言」をしたユーチューバー・ゆたぼん。そ … …