Home モデル 元読者モデルの港区女子が医師免許偽造 したたかな人生 – livedoor

元読者モデルの港区女子が医師免許偽造 したたかな人生 – livedoor

11 second read
0
6,191


誰もがうらやむ半生だったが…

「チャリティラン&ウォークイベントにボランティア医師として参加しています」

ある男性医師のSNS投稿に、ピースサインで写真に収まっているのは、女医の内藤理恵さん(仮名)である。

30代前半で美人。しかも東大医科学研究所付属病院に勤務する乳房再建のスペシャリスト。シンガポール国立大学医学部を卒業、アメリカの大学に留学経験もあるバイリンガルで、一時はバレリーナを目指したことがあり、某女性誌の読者モデルとして、何度も登場している。

ただの「才色兼備」には収まらない。望むものはすべて手に入れた、誰もがうらやむ半生といっていいのではないか。

足りないものといえば、結婚と出産。これで女性としての幸せも手に入れた完璧な人生となる–彼女はそう考えていたのかもしれない。

内藤さんは、それも半ば掴んでいた。しかも相手はIT関連の起業家で、株を売却して「出口戦略」に成功、資産家であるとともにプロスポーツに関与した著名人。半年間の同棲を経て、結婚は秒読みだった。

だが、昨年8月、暗転する。携行する医師免許が偽造だとして警視庁に被害届が出され、医師と信じていた友人知人が彼女のもとを去り、婚約も解消されたのである。

友人の医師免許を偽造

警視庁関係者が明かす。

「厚労省のホームページで医師の確認は氏名で出来ます。従って、顔写真のない医師免許証は、普通は使わないし、偽造してもあまり意味はないんです。でも彼女は、証明書として必要になった。婚約者に見せる必要があったのかも知れない。そこで友人の医師の免許証を偽造。利用された医師の方が、『どうもおかしい』と相談に来られ、医師法違反の数々の行為が発覚したんです」

国家資格である医師免許証のような公文書偽造が罪であるのはもちろん、生命を預かるだけに、医師ではないのに医師を名乗ったり、そう思わせる言動をしただけで医師法違反となり、50万円以下の罰金である。

無資格で医療行為を行なった場合、無資格医業で懲役3年以下罰金100万円以下の重い刑罰が下される。内藤さんは、医師を名乗っているうえ、無資格でクスリを処方したり、やけどの治療や不妊治療なども行なっている。

東大医科学研究所付属病院の勤務医だというのはウソで、勤務実態がないだけに、常態的な医師法違反を犯しているわけではないが、今後、「治療を受けた」という被害者が続出すれば、警視庁捜査が本格化する。

内藤理恵とは何者か。いつから医師を名乗るようになったのか――。

読者モデルとしての過去も…

内藤さんの過去を知っている人は少ない。私は、被害者を中心に、何人かの知人友人を当たったが、いずれもここ数年、内藤さんに出会った人ばかりで、医師であると信じてつきあい、そうではないと知り、びっくりしたという。

一般人だけではない。医師派遣業を営む30代の男性は、『3〜4年前に知り合い、医師であると信じ、派遣先を紹介したことがあります」という。

「厚労省のサイトに登録がないので、不思議に思って聞くと、『持ってるのはシンガポールの医師免許で、日本の医師免許は取得中。アルバイトなら問題ないわよ』ということでした。そこで2度ほど紹介したんですが、ドタキャンされて迷惑を被りました。偽医者であると知ってからは、連絡を取っていませんし、向こうからの連絡もない」(同)

読者モデルとして、女性誌の14年1月号に「美人姉妹」として登場した時は、「シンガポールと鹿児島を行き来する生活を送る姉」となっており職業は学生。鹿児島在住の妹は、「オペラなどの衣装を手掛ける舞台衣装デザイナー」として紹介されている。

「実家は、鹿児島の旧家」と、聞かされた人がいるので、鹿児島出身であるのは事実だろう。

ただ、シンガポール国立大学医学部に通っていたわけではなく、「よくパーティーなんかに顔を出し、生活を楽しんでいる印象で、少なくとも勉強がたいへんな医学生じゃなかった」と、当時の内藤さんを知るシンガポール在住の実業家はいう。

「港区女子」としての顔

内藤さんが東京・港区のセレブ空間に顔を出すようになったのは4〜5年前のこと。

「港区女子」という言葉があり、容姿も知性も「人並み以上」と自覚する女性が、その魅力を十分に生かし、六本木、麻布十番、西麻布などの高級飲食街で、ワンランク上の実業家、著名人、芸能人、プロスポーツ選手などと交際、楽しんでいるのだという。

白金台のタワーマンションに住む内藤さんは、その人当たりの良さと会話術、男性をその気にさせるボディタッチ、そしてなにより東大医科学研究所に勤める勤務医というブランドで人気者になり、食事会、パーティーなどに誘われることが多くなった。

〔PHOTO〕iStock

「男性にしなだれかかったり、甘えた口調で話したり、女子からすれば引きますが、男性、ことに年上からはもてました。海外の医大卒の女医とつきあうというあたりに、高級クラブのプロの女性と、カネ絡みでつきあうのとは違った優越感を満足させられたんでしょうね」(内藤さんの友人)

IT関連の起業家、資産家とは、そんなセレブ空間で2年ほど前に知り合い、昨年初めから、前述のように偽医者発覚の昨年夏まで同棲。男性が、その事実を伝えると、翌日、マンションを出て関係を解消した。そこはあっさりしていたが、男性は後腐れがないように、弁護士を立てて話し合いを持ち、きれいに別れたという。

これは犯罪である

しかし、さすがにしたたかで、昨年9月には新しいパートナーの男性と美術品の販売、アートギャラリーの運営会社を設立。女医として作り上げた虚構の人間関係は、その時点で切れている。

私は、新しく設立した会社、その商業登記簿に記載された住居に取材依頼をし、妹さんにも伝言を頼んだが、回答はなく、内藤さんは携帯電話にもメールにも反応しない。

〔PHOTO〕iStock

セレブを気取った女性が、単に身分を偽ったというだけではない。

勤務先と称していた東大医科学研究所付属病院がある白金台周辺で友人と会うときには、白衣の医師ユニフォームで現われ、医療関係のアドバイスや、簡単な治療行為を行なうことがあり、それは動画に残されているし、不妊治療の注射を打つところを現認した人もいる。

これは犯罪である。内藤さんは、そのことを自覚、罪を償うべきだろう。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

人気のカワウソで写真コンテスト 四国水族館 インスタグラムで募集 – 47NEWS

 四国水族館(香川県宇多津町)は、愛らしいしぐさが来館者に人気のコツメカワウソの姉妹「ツバキ」と「ナズナ」をモ … …