Home ブロガー 元警察官のブロガーハルオサンとは

元警察官のブロガーハルオサンとは

16 second read
0
106

今回紹介するのは、元警察官という異色の経歴を持つハルオサンです。

 

ハルオサンのブログはこちら

http://www.keikubi.com/

 

 

警察官をクビになった話がとても有名なハルオサンですが、一体彼は何ものなのでしょうか。

 

ハルオサンとは

 

私は高校を卒業と同時に18歳で警察官になりました。

警察官になると・・・・まず『警察学校』に配属され、集団生活の中で様々な訓練を受けるのです。

しかし・・まさか ・・わずか半年で警察官をクビになってしまうとは・・・

警察学校での集団生活では、誰かがミスをすると連帯責任が基本です。

おっと・・マヌケな新人警察官が、忘れ物をしてしまいました。

 

警察学校の教官が大声で叫びます。

「全員腕立て!」

30名程の同期が一斉に連帯責任の罰として腕立て伏せを開始します。

これが・・・なかなかに厳しい。教官が「良し!」と言うまで終われません。まぁどうにかこうにか・・・

連帯責任の罰と授業が終わると・・「ドンマイ!ドンマイ!」「気にすんなよ!」

そんな風にミスを犯した私に同期が優しい声をかけてくれます。

こうやって連帯感が生まれるワケですね。

しかし・・・・このミスを何度も何度も続けてしまうと・・どうなると思いますか?

私のミスのせいで同期達は・・連帯責任として様々な罰を受け続けます。

するともう「どんまい!気にすんなよ!」なんて言葉をかけてくれなくなるんです。

当たり前の話ですよね?こうしてマヌケな私は嫌われ、孤立してしまったのです。さらにさらに致命的だったのが・・・

私は重度の『コミュニケーション障害』人を目の前にすると声が裏返りどもり、

あわあわと慌ててしまうのです。

友達の一人も作ることが出来ません。誤解が誤解を生むばかりです。

男だらけの集団生活の中で、私の孤立は一層深まるばかりでした。

すると・・・・・やはり・・・と言いますか・・・

なんと言いますか・・イジメが始まりました。

机に座っていると・・・・ゴン!と後ろから殴られたました。

恐る恐る・・・後ろを振り向くと、数名の同期がクスクスと笑っている・・

最初は軽く叩かれる感じだったのですが・・・これがどんどんエスカレートしてしまいまして、

何かにつけてゴンゴン殴られるのです。廊下を歩いていると・・・

キック!!

まぁ・・どこの学校でも職場でも見かけるような話です。しかし、こんな状態になってしまったのは・・

何も言い返せなかった私にも非があるのです。

私が黙ってイジメられ続けてしまったのは、コミュ障やら気が弱かったのもあるのですが・・

一番の理由は罪悪感を感じていたからです。自分がミスばかりするから嫌われてしまった。

「だから殴られても仕方ない」「何をされても仕方ない」

さらにそんな風に卑屈に思ってしまったのです。

こういう卑屈な人間は・・余計に嫌われるんですよね・・

そんなある日の夜・・

警察学校の教官から個室に呼び出されました。

「失礼します!」

そう言って恐る恐る個室に入ると・・3人の教官が私を待ち構えていました。

空気が重い。初老の教官が無言のまま私の顔をジッと見つめた後・・・・

さわやかな笑顔でこう言いました。

 

「なぁ警官辞めてくれないか?」

 

とてもリアルで恐ろしい、でもなんとなく想像できますよね?

こういう現場ってどこでもあって、警察官でもあるんだ…という感覚。

 

この臨場感ある話はとても話題になり、色んな人に拡散されています。

 

気になる人はハルオサンのブログを見てみましょう。

 

 

ハルオサンのブログはこちら

http://www.keikubi.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

バーチャルサラウンド対応BTスピーカー「cear pave」にゲーム向けモデル(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

 手の平サイズ … …