Home モデル 先々が不安なモデルばかり!? 現行モデルのレア車5選(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース

先々が不安なモデルばかり!? 現行モデルのレア車5選(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース

16 second read
0
33

すべてのクルマが大ヒットするわけではない、現行モデルのレア車5選

 自動車メーカーは、多種多様なモデルをラインナップしており、絶え間なく新型車を開発しています。1台のクルマを開発するために多額の開発費を投じ、また数年の開発期間を費やしているため、採算がとれなければ死活問題になりかねません。

【画像】現行モデルでも激レア! マジで見ることのないクルマを見る(21枚)

 そのため、メーカーは新型車を発売するにあたり、販売目標台数を決めますが、残念ながら目標を下まわってしまうモデルも存在。

 そこで、さまざまな事情で販売台数が少なくなってしまっているモデルのなかから、とくにレアなクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「i-MiEV」

 三菱「i-MiEV」は、軽自動車の「i」をベースとし、2010年より個人向けに販売が開始された世界発の量産電気自動車です。

 ベースとなる軽自動車の「i」は、近未来的なデザインが採用されている点も特徴で、他社には無い個性的なモデルとしてRRを採用。i-MiEVも同様にリアにモーターを搭載し、後輪を駆動しています。

 また、重量のある駆動用バッテリーは前輪と後輪の間のシート下に搭載されているので、重心が低く車両の中心付近にあり、安定した走りを実現。

 i-MiEVは欧州市場へOEM供給もなされ、プジョー「アイオン」やシトロエン「C-ZERO」といった派生モデルが登場しました。光岡自動車では「ライク」の名前でカスタマイズされ、これらの派生モデルは、i-MiEVとは違って、軽自動車の枠を超えた小型車サイズで展開されました。

 2018年には、i-MiEVも道路運送車両の保安基準の改正に合わせ、対歩行者安全性強化のため、フロントバンパーが85mm延長されたことから軽自動車から登録車に変更になりました。

 現行モデルは1グレードのみで価格は300万3000円(消費税込)、国からの補助金が16万4000円、地方自治体からの補助金もあり、東京都では30万円が支給されますが、それでも250万円ほどと高額です。

 さらに、航続可能距離もカタログ値で164km(JC08モード)、実質は100km前後とあって、今後も販売増はあまり期待できません。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「トミーヒルフィガー」がAR体験イベントを開催! 子どもがランウェイモデルに – WWD JAPAN.com

 米ファッションブランドの「トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」は、10月15日から11月15 … …