Home モデル 共同発表:数理モデルによる臨床試験シミュレーターを開発~感染症に対する標準治療法の早期確立に貢献~ – 科学技術振興機構

共同発表:数理モデルによる臨床試験シミュレーターを開発~感染症に対する標準治療法の早期確立に貢献~ – 科学技術振興機構

5 second read
0
110

九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所の岩見 真吾 客員教授(現・名古屋大学 教授)、名古屋大学 大学院理学研究科の岩波 翔也 助教、米国インディアナ大学 公衆衛生大学院の江島 啓介 助教らは、共同研究により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の“臨床試験シミュレーター”を新たに開発しました。これにより、抗ウイルス薬剤治療の臨床試験における解決すべき問題を特定し、標準治療の確立を大幅に加速させることが期待されます。

COVID-19に対する効果的な抗ウイルス薬剤の開発が希求され、現在、複数の治療薬が候補に挙がっています。しかし、有効な治療効果を確認した臨床試験は多くはありません。その理由を探るため、研究グループは、COVID-19患者の臨床データを収集し、数理モデルを用いて分析しました。その結果、患者間でウイルス動態、特にウイルスの減衰速度に大きな差があることを見いだしました。このようなウイルス動態の違いは、観察研究においては、抗ウイルス薬剤の治療効果推定にバイアスを与える「交絡因子」となることが考えられます。一方、交絡因子の影響を受けない治療効果の評価手法である「ランダム化比較試験」があります。研究グループは、数理モデルを用いてランダム化比較試験を再現するシミュレーター(シミュレーションのためのソフトウエア)を開発しました。その結果、発症時期に関わらずに患者を試験に参加させた場合、1万人を超える被験者の参加が必要なことが分かりました。これは、特に感染者数の限られる日本では非現実的な必要被験者数です。一方で、発症後間もない患者のみを試験に参加させることで必要被験者数を500人程度に抑えることができることを世界で初めて示しました。

なお、本研究で用いた、ウイルス感染動態に基づく臨床試験のシミュレーターは医師主導臨床試験(jRCT2071200023)の設計に用いられ、異例の早さで既に現在、国内で実施されています。今後も、数理科学と生命医科学の異分野融合により臨床試験設計を補助することで、その他の感染症や疾患における標準治療法の早期確立を目指します。

本成果は、2021年7月7日(水)(日本時間)に国際学術雑誌「PLOS Medicine」で掲載される予定です。

本研究は、科学技術振興機構(JST) 未来社会創造事業 探索加速型「共通基盤」領域(JPMJMI18G1)、ムーンショット型研究開発事業(JPMJMS2021、JPMJMS2025)、日本医療研究開発機構(AMED) 新興・再興感染症研究基盤創生事業(多分野融合研究領域)(JP21wm0325007)および新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業(JP19fk0108156)の支援を受けました。なお、新興・再興感染症研究基盤創生事業ではB型肝炎をテーマとする研究課題で支援を受け、この課題で確立した定量的データ解析手法が、今回のCOVID-19における感染動態の分析につながったものです。

Adblock test (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

フォロワー26万人の美少女コスプレイヤー・紗愛「大事故だった初めてのコスプレ」 – マイナビニュース

キュートなルックスとセクシーなコスプレ写真でSNSを中心に人気を博す、Twitterのフォロワー数が23万人超 … …