Home モデル 大事なプレゼンで頭から黒い汗が…。チャラ男ビジネスマンに一体何が? – ニコニコニュース

大事なプレゼンで頭から黒い汗が…。チャラ男ビジネスマンに一体何が? – ニコニコニュース

9 second read
0
42

 すっかり暖かくなりました。スーツも春夏モノに衣替えして心機一転、仕事とプライベートをさらに充実させていきたいですよね。

 一方で、ビジネスマンのみなさんにとっては、したたる汗が気になるシーズンですね。とくに外回りの営業マンにとっては死活問題なのではないしょうか。

 今ではさまざまな汗・ニオイ対策のアイテムもありますが、汗で大失敗してしまった若手ビジネスマンも多いようです。

汗で失敗してしまった新人社員の悲劇

 汗にまつわる失敗で大恥をかいてしまったのが、化粧品メーカー営業の小林啓治さん(仮名・26歳)です。

「うちの会社って、昭和っぽい古き良き風習が根付いていて、入社2年目まで社員が着ていいのは白シャツのみという暗黙の了解があるんです。もちろん、社則に記載はされていないのですが、先輩からの暗黙のルールで決まっているようです。だから、女性社員も判に押したように白シャツでしたね」

 学生時代は読者モデルをしていて、鮮やかなカラーシャツが好き、ファッションには人一倍興味があった小林さんですが、「職場で白シャツしか着られないことにフラストレーションを感じていたが、2年間の辛抱だと我慢していた」と言います。

「3年目の4月が待ち遠しかったのですが、その日が来ても、5月になっても6月になっても、同期が誰1人カラーシャツや柄シャツを着てこない。さすがにブルーピンクのシャツをいきなり着るのは微妙かと思ったので、少しずつ馴染ませようと、5月くらいから薄いストライプのシャツとかを着ていったんですけどね」

カラーシャツで脇汗クッキリ! 原因は暗黙のルール

 同期たちは、白シャツに慣れてしまい、むしろデザインシャツでネクタイスーツのコーディネートを考えるのが億劫になっていまっていたようですが、ついに小林くんはカラーシャツをまとって出社します……しかし、悲劇が!

「おそらく7月のすごい猛暑の日に、ピンクのシャツを初めて着ていったんです。みんな気づいてくれて、『似合うと褒めてくれました。でも、嬉しかったのは束の間で、昼休みに同期の女子に呼び出されて『脇ヤバイことになってるよ』と指摘されました」

 なんと両脇の部分だけが、汗でショッキングピンクに変色していたそうです。「その日は暑かったけど、ジャケットを脱げませんでしたね……、以降夏場のカラーシャツは避けています」と語る、小林さん。夏場のカラーシャツは要注意です。

大事なプレゼンで頭から黒い汗が…一体何が?

スプレーで仮黒染め

 入社2年目の伊藤裕貴さん(仮名・25歳)は、高身長オシャレな大手広告代理店プランナー。優秀な営業成績を残している一方、本人の強いこだわりで髪の毛を茶色に染めているため、周囲からは「チャラ男」とも言われています。しかし、そんな彼も新入社員の頃、初めての競合プレゼンで手痛い失敗をしてしまった経験があるようです。

「プレゼンの内容には自信がありましたが、絶対に負けたくないという一心で、前日に髪の毛を黒に戻したんですよ。心象が良くなるかなと思って。どうせすぐに元に戻すから適当に安いカラーリング剤を使ったら、最悪なことになってしまいました」

 9月の残暑厳しい時期にもかかわらず、プレゼンに向かったクライアント先は「エアコンは7~8月のみ使用可」というエコな社風。そのため、会議室は熱気でムンムンとしていたようです。

「もともと、汗をかきやすい体質なのですが、その日は暑さでさすがに汗びっしょりになってしまいました。すると、なぜかみなさんが眉をひそめて、ぼくのオデコを見ているんですよ。アレッ? と思い、ハンカチでひたいを拭いたら、汗が黒光りしていしました」

 すぐに髪染めが滴り落ちていたことに気づいたそうですが、「あんなに焦ったことは今までないですね……想像するだけでホラーです」と言います。なお、それが影響したせいか、プレゼンには破れてしまったようです。伊藤さんはそれ以降、大事なプレゼンをする前日までには、しっかり美容院で黒染めし、地毛に戻しているそうです。気のせいか、成約率もアップしたそうです。

職場に大悪臭が…発生源は生乾きのシャツ!

 汗問題といえば、見た目の問題もありますが、やはり1番気になるのは、ニオイですよね。特に1人暮らしの男子にとって要注意なのが、部屋干しです!

「職場で隣に座っているチームリーダーの、明らかに部屋干しで生乾きの服が臭すぎて犯罪レベルなんです。夏場は本当に地獄ですね」と嘆くのは、IT企業でエンジニア職の高知美穂さん(仮名・28歳)。彼女の職場のリーダーのスメハラがひどく、デスクでは常にアロマを焚いていたそうです。

「見た目はなかなか爽やかなんですが、ある日、突然臭くなったんですよ。よくよく聞いたら、同棲していた彼女と別れたようです。もう本当に生ゴミが腐ったような臭いで吐きそうになってキツいです。でも、ニオイのことなので、さすがに本人には言えなくて、なんか落ち込んでるようにも見えるし、早く席が入れ替わることを祈るばかりです」

「喫煙する人の夏場の部屋干しのニオイは殺人級です……」と、高知さん。今回は男性の話ばかり取り上げましたが、アイメイクが滲んでクマのようになったりなど女性も汗による悲劇がおこりがちです。いよいよ夏も本番なので、気をつけましょう。

― 新入社員の身だしなみ、大丈夫? ―

<取材・文/白戸ミフル イラストパウロタスク(@paultaskart)>

【白戸ミフル】

合コンに累計2500回参加(今も記録更新中)した合コン漫画家。著書『合コン・アンド・ザ・シティ 恋活・婚活女子の合コンマニュアル』『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』。Twitter:@takara0722

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

メーガン妃 フォロワー数負け「みじめ」に思う “キャサリン妃超え”狙いSNS専門家を雇用(Hint-Pot) – Yahoo!ニュース

フォロワー数の差はなかなか埋まらず メーガン妃腹立ち? 英紙が報道  メーガン妃は、ヘンリー王子との公式インス … …