Home モデル 大人は知らない…YouTuber「パパラピーズ」が若者に絶大な人気を誇る「決定的理由」(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

大人は知らない…YouTuber「パパラピーズ」が若者に絶大な人気を誇る「決定的理由」(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

20 second read
0
115

【写真】『鬼滅の刃』も…ドイツ在住ライター「日本アニメ、すごいのに残念」

 ぽっちゃりしたジェンダーレス男子のじんじんと、読者モデル経験のあるクールだがツッコミの鋭いタナカガによる、コンビYouTuberパパラピーズは、2018年に活動を開始し、2020年にチャンネル登録者100万人を突破、2021年2月現在160万人。

 2020年に発表された「Z総研2020年上半期トレンドランキング」(調査は東京等に住む10~20代の男女106人を対象に20年6月22日~28日にインターネット上で実施)の「YouTuber部門」では1位になっている。

 じんじんが女優の浜辺美波と交流があることから、タナカガがメイクスタッフに扮し、じんじんが指令を出して浜辺に失礼な振る舞いをする様子を撮影、浜辺がどこまで許容するかというドッキリを仕掛けるが、浜辺がキレて撮影中断。じんじんが謝罪に行くと、実はタナカガと浜辺が仕掛けた逆ドッキリだったとわかる――といった動画で知られる。

 彼らにはどんな特徴があり、どこが人気の要因なのか。動画と21年2月に刊行された初の著書『普通は前世に置いてきた』(KADOKAWA)を元にその理由を考えてみたい。

YouTuber第7世代は何が違うか

 第1世代 ヒカキン、MEGWIN、瀬戸弘司、マホト、劇団スカッシュ、ジェットダイスケ、マックスむらい、セイキン、マスオ、カズなど
第2世代 はじめしゃちょー、アバンティーズ、フィッシャーズ、トミック、くまみき、木下ゆうかなど
第3世代 東海オンエア、おるたなチャンネル、関根理紗、ラファエルなど
第4世代 水溜りボンド、ヒカル、すしらーめんりく、禁断ボーイズ、カリスマブラザーズ
第5世代 スカイピース、へきトラハウス、桐崎栄二、怪盗ピンキー、さんこいち、パオパオチャンネル、はなおなど
第6世代 エミリン、かの/カノックスター、なこなこ、がーどまん、レペゼン地球、だいにぐるーぷ、フワちゃん、ヴァンゆん、カジサック、朝倉未来など
第7世代 パパラピーズ、土佐兄弟、ななこ、みきおだ、妻が綺麗過ぎる。、丸山礼など

 と分けられている。

 これは活動開始年を1~2年スパンで区切ったあくまで便宜的なものとはいえ、第1世代、第2世代と第7世代のパパラピーズでは感覚に違いがある。

 たとえば、パイオニアであるがゆえにアイデンティティとして「YouTuber」を背負っている(背負わざるを得ない)HIKAKINとは異なり、パパラピーズのふたりにとってはYouTuberとして「好きなことして生きていく」というより、「好きなことして生きていく」ための手段、ツールのひとつとしてYouTubeがある。

 これは『普通は前世に置いてきた』やいくつかのインタビューで確認できる。つまり、YouTubeで収入が得られる環境が整備されたあとで出てきたインフルエンサーである。

 そういうこともあってか、ことさらにYouTube上で企画として新しいことをやろうとか、自分たちが何かを切り開いていくというような気概はふたりからは感じられない。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【ZARA高見えトップス】おしゃれ読者ブロガーの“一目惚れ”アイテム(集英社ハピプラニュース) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

【ZARAトップス】華組 CNさん タイプライターのような高見え素材の一目惚れブラウス。シンプルなものより、ち … …