Home その他 女子高生はなぜ「カップルチャンネルYouTuber」を目指すのか – CNET Japan

女子高生はなぜ「カップルチャンネルYouTuber」を目指すのか – CNET Japan

21 second read
0
26

 女子中高生は動画サービスをとても好んでいる。音楽を楽しむためや、メイク、ファッションなどの情報を得るため、エンターテイメントとして楽しむなど、利用の仕方は様々だ。大人と違って女子中高生に人気の高いジャンルの動画がある。それが、カップル動画だ。

 以前、MixChannelでキス動画を配信しているカップル動画が人気であることをご紹介したが、YouTubeでも「カップルチャンネル」は人気が高いジャンルの1つだ。なぜ、女子高生はカップルチャンネルを好むのだろうか。

カップルチャンネルは女子高生に人気


「#カップルチャンネル」で調べたところ。カップルチャンネルはとても多い

 YouTubeのカップルチャンネルとは、恋人同士で開設し、主に2人のやり取りなどを動画で配信するチャンネルのことだ。2人の掛け合いが面白く、ファンがついているカップルYouTuberも少なくない。

 Twitterで「#カップルチャンネル」で調べると、「付き合って1周年記念にカップルチャンネルを始めました」「カップルでYouTubeチャンネル始めました。チャンネル登録お願いします!」などのツイートがたくさん見つかる。カップルYouTuberが一般化していることに驚かれるのではないか。

 「カップルになったら一緒にSNSアカウントを作ったり、動画を配信したりしてファンを増やしたい」とある女子高生から聞いたことがある。女子中高生にとって、カップルで1つのTwitterアカウントを運営する「カップル垢」と同様、カップルチャンネル開設は憧れとなっているようだ。

 すでに結婚して子どももいる、しばゆーとあやなんの2人からなる「しばなんチャンネル」(チャンネル登録者数220万人)、M君とふくれなの2人からなる「えむれなチャンネル」(同158万人)などが有名だが、それ以外にもたくさんのカップルチャンネルが登場している。

 カップルYouTuberたちはそれぞれでも独自のチャンネルを持っていたり、InstagramやTwitterなどのアカウントを運営しているようだ。10代における人気はとどまることがなく、えむれなチャンネルが10代に人気のブランドWEGOとコラボアイテムを発表するなど、活躍の場も広がっている。

「しばなんチャンネル」(左)、「えむれなチャンネル」(右)
「しばなんチャンネル」(左)、「えむれなチャンネル」(右)

 YouTube以外に、InstagramやTikTokなどでカップルアカウントを作っているユーザーもいる。いずれもカップルで運営しており、女子中高生のファンを獲得しているようだ。YouTubeの場合は掛け合いなどのやり取りが重要であり、Instagramはきれいなツーショット写真が重要となるらしい。

理想のカップルとして自己投影できるコンテンツ

 なぜ、女子高生たちはカップルチャンネルを好むのだろうか。ある女子高生は、「2人のやり取りが好き。かざらないしお互いに信頼し合っている感じで、理想のカップル」という。自分の理想とするカップル像を投影したり、応援したりして楽しんでいる子は多いようだ。

 MixChannelのカップルが配信していたキス動画でも、「自分もあんなカップルになりたい」と理想を投影して応援している子は多かった。10代女子は恋愛映画やドラマ、漫画などを好むものだ。そのリアル版として、恋愛が疑似体験できるコンテンツとして好んでいる面が強いようだ。

 配信者側としては、自分が恋愛物語の主役になれる上、周囲に褒められて幸せを強く実感できるなどのメリットがあるだろう。MixChannelの頃はそれだけだったのだが、最近はカップルYouTuberであることが有名になったり、金銭的なメリットにもつながっているようだ。

 最近は、10代向けファッション誌でもモデルたちは彼氏の存在を明らかにしており、ツーショットや彼氏とのやり取りなどを紙面で公開することは普通となっている。モデルでも、ルックスやセンスなどだけでなく、恋愛も含めた生き方で支持を得る必要があるのだ。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

CMで話題の“変顔姫”、正体は20歳のモデル系女子「印象に残れて嬉しい」(オリコン) – Yahoo!ニュース

 この夏、大量にOAされているスマホゲーム『戦国布武(せんごくふぶ)~我が天下戦国編~』のCM。こちらで、「せ … …