Home ユーチューバー 字幕:モロッコの元受刑者ユーチューバー、悪党人生を語り大人気 – AFPBB News

字幕:モロッコの元受刑者ユーチューバー、悪党人生を語り大人気 – AFPBB News

13 second read
0
199

【2月12日 AFP】北アフリカ・モロッコの元受刑者たちが出所後、動画共有サイト・ユーチューブ(YouTube)で自分たちの悪党人生を語り、ソーシャルメディアのマイナー有名人として脚光を浴びている。

「俺がやったみたいに、刑務所の中でクスリをさばけたら、大したもんだよ」と豪語するモハメド・ムスタドラフ(Mohamed Moustadraf)さん(48)。元麻薬密売人。タトゥーの入った腕に金の時計をはめ、髪は後ろでポニーテールに束ね、上下ジャージー姿だ。合計23年間、獄中で暮らした。

 ムスタドラフさんは、モロッコで人気の元受刑者ユーチューバー約20人のうちの一人だ。彼らの多くには数百万人の視聴者がついている。

 彼らは囚人同士の凶暴な対立や、看守への報復などの話でフォロワーたちをうならせ、刑務所内の虐待や過密に対して怒りをぶつける。

「刑務所の中でも外でも、ずいぶん金を稼いでいた」と言うムスタドラフさん。子どもは3人いる。「ただ、自由だけがなかった。今は、それを生かして他の人たち、特に若者と経験をシェアしたい」。自分の前科を美化することが目的ではないと強調する。

 彼にユーチューブを勧めたのは、ミュージシャンのグナウィ(Gnawi)などラッパーの友人たちだ。グナウィはインスタグラム(Instagram)のライブ配信で警察官を侮辱した罪で、1年の実刑判決を受けた。

■「セラピーのようだ」

 元受刑者イリヤス・コラリィ(Ilyas Korrari)さんも、ユーチューブでヒット中だ。何千人ものサブスクライバーに心を開くことは「セラピーのようだ」と言う。

「以前はみんなが自分を避けようとしたり、変な目で見たり、怖がったりした」とコラリィさん。「過ちを犯した者に対して世間は冷酷だから、自分の中に憎しみと復讐(ふくしゅう)心が満ちていた。でも、カメラのおかげで立ち直った」

 彼も元麻薬密売人。38年の人生のうち、17年を獄中で過ごしている。最後に出所した2018年以来、人生を変えようと決意したという。現在ユーチューブで24万人のサブスクライバーを持ち、動画の視聴回数は計2100万ビューを超えている。

 昨年、首都ラバトの北にあるケニトラ(Kenitra)市に小さな音響・映像制作会社を設立したが、これまでの収益は「地味」だと言う。

 監獄がテーマの投稿チャンネルも、マイナーながら熱狂的なファン層を生んでいる。カサブランカ(Casablanca)市の30代のファンは、「刑務所の環境における不正を糾弾している」と説明する。ただし「一つ気掛かりなのは、英雄ぶった態度。あるいは、彼らの一部が犯罪を矮小(わいしょう)化していることだ」と語った。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

シチズン、新たな自社製機械式ムーブメント搭載した「メカニカルモデル」やモダン・スポーティデザイン「Series 8」など – トラベル Watch

シチズン時計は「The CITIZEN」メカニカルモデルから3モデルなど発売する  シチズン時計は、「The … …