Home ブロガー 安房さん、華麗なタッチで実況中継(投信ブロガー)

安房さん、華麗なタッチで実況中継(投信ブロガー)

6 second read
0
58

 ブログ「海舟の中で資産設計を」を運営している「安房(あんぼう)」さんは神奈川県で母親と2人暮らしの30代前半の独身男性会社員(持ち家住まいで住宅ローン無し)。物流関係の会社で経理を担当している安房さんは、投信ブロガーの間ではちょっとした有名人だ。各種投資家向けイベントではツイッターによる実況中継役として活躍。スマートフォン(スマホ)の華麗な指さばきとタッチで、臨場感あふれる交流会の様子を全国へ瞬時に伝えてくれている。そんな若手投資家の安房さんに、指数連動型インデックスファンドの積み立て投資にはまったワケを聞いた。

■母親から受け継いだ「積み立てと複利」の効果

 ――投資開始時期とその理由を教えてください。

 「投資を始めたのは社会人2年目の2008年10月です。大学生の頃から投資に興味はあったのですが、その頃にようやく、毎月投資できるお金のメドが立ちました。ちょうどリーマン・ショック直後で世の中は金融市場への悲観的なニュースでいっぱいでしたが、これ以上の下げを心配するには及ばないと思っていました。『投資が怖い』という感覚は全然なかったです」

 「会社で経理の仕事に就いているので、来年、再来年など中長期の予算計画を立てるのに関わっていたのもラッキーでした。というのも、世の中の会社は販売低迷や株価下落をいつまでも放置するはずはなく、企業業績改善のため何らかの手を打つはずだ、と確信を持つことができたためです」

 ――最初からインデックスファンドの積み立て投資を始めた理由は。

 「母親が私の学費を準備するために、バブル期の高金利で定額貯金をしてくれていたおかげで大学に行くことができました。助かったと思うと同時に、貯金でも金利の力は侮れないのと、毎月コツコツの積み立てを継続することによる複利効果の威力を肌身に感じました」

 「大学で『信託法』に関する授業を受けました。運用会社の実務者の方が講義をしてくれましたが、その中で、銘柄分散効果や運用コストの重要性など、インデックスファンドに関する基本的な知識も教わりました。これもラッキーでした」

 「個別株だとおのおのの企業についてよく調べたうえで、投資タイミングを見計らう必要があるなど、何かと難しいので、ネットや本からの情報収集もあわせ、ちゅうちょなくインデックスファンドの積み立て投資を始めたというワケです。ごくごく自然ななりゆきでした」

■全国各地のオフ会にも遠征

 ――ブログを立ち上げたのはいつですか。

 「14年からです。ツイッターで投信ブロガーの方々との交流が増えてきたので自分でもブログを始めてみようと思い立ちました。これも自然な流れです。ブログにはインデックスファンドの最新動向やオフ会の様子、税務関連の注意点などを書き込んでいます」

 「全国各地で投資家オフ会の『コツコツ投資の会』が開かれています。もともと歴史好きですので、史跡巡りなどの趣味と投資関連の情報交換をする実益を兼ね、休日に羽を伸ばすようにして参加しています」

 ――ツイッターで実況中継を始めた経緯は。

 「特にこれといった理由はないのですが、金融庁主催のつみたてNISA(積み立て型の少額投資非課税制度)に関する意見交換会(通称、つみップ)やインデックス投資ナイトといったイベントに参加するたびに、ツイッターで自主的に速報中継をするようになっていました」

 「そのうち、多くの人が見てくれていると知り、役に立つのならという思いから自然と指を動かすようになりました。もともと、ツイッターでの交流が得意だったからかもしれません」

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【2018年版】人気ヴィクシーモデル5人の恋愛事情

11/15(木) 23:00配信 毎年& … …