Home モデル 実際みんなどう思う? 今最も話題性の高い新型モデル「ハリアー」【みんなの声】(MOTA) – Yahoo!ニュース

実際みんなどう思う? 今最も話題性の高い新型モデル「ハリアー」【みんなの声】(MOTA) – Yahoo!ニュース

17 second read
0
27

▼前回のみんなの声「ダイハツ タフト編」は関連記事をチェック

人気のプレミアムSUV、その新型モデルは実際どうなの?

都市型プレミアムSUVの先駆けとして1997年12月にデビュー。以来3世代に渡り独自のポジションを確立したトヨタ ハリアー。

新型モデルの開発コンセプトは「Graceful Life~優雅でより豊かな人生」。30代男性と50代ミドル層をメインターゲットに、実用性や数値一辺倒ではない「感性に訴えかける品質」で新たな価値を提供しています。

スタイリッシュかつたくましいシルエットの流麗なクーペフォルムの外観に、馬の鞍をイメージした個性的なセンターコンソールのデザインをはじめ、調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフをトヨタ初採用するなど、室内も感性に訴える上質で心地よい空間としている新型ハリアー。価格は299万円~504万円(消費税込み)。

SNS上でのみんなの声は?

初代モデルから高い人気を誇るハリアーですが、新型モデルもSNS上では好意的な意見が多数飛び交っています。

「かっこいい。なかなか良いデザインだと思う。」

「だんだんと大人っぽくなってきた。ギラギラ感が減り、渋さが増してカッコいい。」

「現車を見に行ったけど、なかなか上質感があって欲しくなった。これは、売れるなと思った。」

「わかりやすく今っぽさのあるカッコよさ。適度にハッタリが効いて目立ち過ぎない。フロントマスクも久し振りに品が良くて流石トヨタだと思った。」

「ハリアーなら目立ち過ぎないし、適度に高級感があって乗り心地もよい。普通の日本人がちょっと背伸びして買うのにちょうど適当。」

コメントの多くに、デザインのカッコよさや上質感を挙げる声が多数見受けられました。これまでハリアーが築いてきたプレミアムSUV像をしっかり新型でも継承しさらに発展させ、それが一般ユーザーにも受け入れられているようです。

そんな中、もちろん新型ハリアーで気になる点を指摘する声も…。

「のぺっと感が否めません。」

「初代のライオンが良かった。」

「全幅が1855って、日本では使いにくいんじゃないか?」

「時代の流れなんだろうけど、何でもかんでもクーペフォルムは好きくない。」

「リアのウインカーランプの位置が低く、安全性に問題があるのでは? デザイン優先の車作りはどうなの?」

「新型ハリアーはRAV4の外側変えただけ。先代後期のようにターボエンジンやGR SPORTなど、もう少し際立つ個性が欲しい。今後の進化に期待。」

新たにクーペフォルムとなった外観など、やはりデザイン面で賛否が分かれるようです。

そんな中、こんな興味深い意見も。

「今のSUVブームは30年前のハイソカーブームの再来のような感じですね。ハリアーは当時の人気NO.1のマークIIに匹敵する感じですかね。」

「かつてのカローラ、マークIIに近いブーム。セダンとSUVの違い(時代の違い)はあるけど…スタリング、最新装備、上級感に加え手が届きやすく感じる値段設定のバランスもいい線行ってる。」

かつてのブームと引き合いに出されるなど、新型ハリアーの話題性・注目度の高さがうかがえます。

新型も歴代モデル同様人気車種に

トヨタは、新型ハリアーが発売1ヶ月で月販目標台数の3,100台を大きく上回る約4万5千台を受注したと発表しています。

首都圏の販売店などに問い合わせたところでは、既に年内の納車も厳しい状況とのこと。オプションなどの設定次第では春頃になってしまうかも、との声も聞こえています。

歴代で高い人気を誇ってきたハリアー、新型モデルでもそれは続きそうです。

MOTA編集部

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

前澤友作氏が一千万人超のフォロワーに新事業の提案「みんなで会社作りませんか?」 – エキサイトニュース – エキサイトニュース

〝お金配りおじさん〟こと「ZOZO」創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が24日、自身のツイッターを更新。 … …