Home ユーチューバー 客席で奇声発し自撮り…全豪でユーチューバーが迷惑行為

客席で奇声発し自撮り…全豪でユーチューバーが迷惑行為

6 second read
0
275

 メルボルンパークで開かれているテニスの全豪オープンで、試合進行を妨げる迷惑な「事件」が起きた。

 17日の男子シングルス2回戦。地元豪州のニック・キリオスと、ビクトル・トロイツキ(セルビア)の試合中。キリオスがサーブを打つ動作に入ろうとした瞬間だった。後方の客席で、白いTシャツを着た男が、会場中に響き渡る奇声を発した。男は客席で1人立ち上がり、その様子を携帯電話で「自撮り」した。

 テニスの観戦マナーに大きく反する行為。男は他の観客からブーイングを浴び、警備員につまみだされた。キリオスは驚いた表情を浮かべたものの、気を取り直してサーブを打ち、試合が再開された。

 ただ、男の悪質な行為は、会場からつまみだされた後も続いた。「テレビで俺を見たかもしれないが、興奮している。人生で最大のことをやってのけた。みんなが面白がってくれたことを願う」などと動画サイトに投稿。男の正体は、「図書館で警笛を鳴らす」など、いたずら動画の投稿を繰り返す自称「ユーチューブ・スター」だったことが判明した。

 キリオスは試合後、「あの男は狂っていた。何が起こったか分からなかった」とコメント。ユーチューバーによるいたずらだったと教えられると、「良かったんじゃない? ちょっとは有名になっただろ」とクールに対応していた。(富山正浩)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【ZARA高見えトップス】おしゃれ読者ブロガーの“一目惚れ”アイテム(集英社ハピプラニュース) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

【ZARAトップス】華組 CNさん タイプライターのような高見え素材の一目惚れブラウス。シンプルなものより、ち … …