Home モデル 富士通が2020年秋冬モデルPCを発表=6機種11モデルにTigerLakeを搭載!! – ASCII.jp

富士通が2020年秋冬モデルPCを発表=6機種11モデルにTigerLakeを搭載!! – ASCII.jp

2 min read
0
17



話題の「5G」モデム内蔵モバイルノートも登場です!!

2020年10月19日 11時00分更新

文● みやのプロ(@E_Minazou) 編集 ASCII


 富士通クライアントコンピューティングは10月19日、FMVシリーズの新型パーソナルコンピュータを6機種14モデル発表した。

 モバイルPCから一体型デスクトップまで、新デザインとともに、11モデルがインテルの第11世代コア=TigerLakeを採用しているのが最大の特徴で、CPU速度はもちろん、「G7」のCPUならIris Xe Graphicsを内蔵しており、グラフィックスの速度向上も期待できる商品群である。

フラッグシップのモバイルノートPC「UH」はTigerLakeを積んで世界最軽量

UH = 13型モバイルノート
TigerLake搭載でさらに小型・軽量化をめざす

UH90/E3

 富士通のフラッグシップ・モバイルノートで、世界最軽量を実現しつづけているのが「UH」シリーズである。2019年モデルでは標準モデルで855グラム、バッテリーが2セルの最軽量モデルで698グラムを実現していた。

 今回のモデルでは小型化も果たし、横幅は309ミリから307ミリへ、奥行きは212ミリから197ミリへと設置面積が狭くなっている。

 最軽量モデルのUH-X/E3はCPUがi7-1165G7で、メモリは8GB、ストレージは1TBでボディは黒のみ。バッテリーは2セルで容量は25Whで持続時間は11時間である。インターフェイスはUSB3.2(Gen2)のタイプC×2で、パワーデリバリーとディスプレイポートのAltMode対応。USB3.2(Gen1)のタイプA×2、有線LAN、ヘッドセット、HDMI出力。

 標準モデルのUH90/E3もCPUはi7-1165G7で、メモリは8GB、ストレージは512GBでボディは黒と赤、白の3色である。バッテリーは4セルの50Whを搭載し、22.5時間駆動で、重量は黒が818、赤が828、白が834グラムである。インターフェイスはThunderbolt4×2とタイプA×2、そのほかはUH-Xと同様だ。

 UH75/E3はCPUがRyzen7の4700Uでメモリは8GB、ストレージは256GBで黒と白の2色がある。インターフェイスはUH-Xと同様で、TB4ではない。

 3モデルともにディスプレイは13.3インチFHDのIGZOで、ノングレア、ノンタッチ、無線通信はWi-Fi6とBluetooth5.0を搭載する。。キーボードはUH90のみバックライト付きである。

 想定価格はUH-X/E3が22万円弱で10月30日、UH90/E3が21万円弱でBは10月30日、Rは11月6日、Wは11月中旬発売予定。UH75/E3は19万円弱で12月10日発売である。  WEB直販モデルの「LIFEBOOK WU2/E3」では、5G対応モデルが選択可能で、ナノSIMスロットを搭載する。メモリ32GB、SSDは2TBを選択可能だ。

UH90/E3

CH = 13型モバイルノート
TigerLake+有機ELディスプレイ、HDMI入力にも対応

CH90/E3

 13型のパーソナル・ノートPCで、アルミボディやカラーバリエーションが特徴である。

 CH90/E3は13.3インチFHDの有機ELディスプレイを搭載。CPUはi5-1135G7でメモリは8GB、ストレージは512GBで、インターフェイスはThunderbolt4でPD/DP AltMode対応×2とタイプA×1、バッテリは13時間駆動で、重量は1.2キロである。

 CH75/E3は13.3インチFHDのIGZOディスプレイで、CPUは同じi5-1135G7、メモリは8GB、ストレージは256GBで、インターフェイスはCH90と同様だが、天板をアルミではなくマグネシウムにし、重量999グラムを実現している。

 サイズは両機種ともに幅307×奥行207×厚み15.8ミリだ。インターフェイスもThunderbolt4×2にタイプA×1、ヘッドセット端子で、HDMI端子は出力に加え、「入力」が可能となっている。ゲーム機やデジタルカメラ、ビデオや、スマホからの映像を映し出すことができる。

 想定価格はCH90/E3が17万円強、CH75/E3が15万円強で、ともに12月10日発売である。

CH90/E3

TH = 15型スタンダードノート
TigerLakeで高速化、充電スタンドですぐに使える

TH77/E3

 15型でテンキーも搭載する、家庭用のスタンダードノートPCで、こちらも11世代TigerLakeを搭載、TH77/E3のCPUはi7-1165G7でメモリは8GB、ストレージは512GBのSSD、インターフェイスはThunderbolt4×2とタイプA×1となっている。

 天板とキーボード面に強化プラスチックを、底板にはマグネシウム・アルミニウムを使い、AHシリーズの約2キロから、今回1390グラムへと大幅に軽量化を果たしている。

 外観は布貼りのようなクロステクスチャーで、充電スタンドも付属する。スタンドに立てた状態でHDMI出力やAIスピーカーとして利用できるのも新しい機能となっている。想定価格は20万円弱で12月10日発売予定である。

FH = 24型ディスプレイ一体型
4K液晶とGPU搭載モデルも登場 RyzenかTigerLakeか

 ディスプレイ一体型PCの新モデルで、最上位のFH-G/E3には23.8インチの4KUDH(3840×2160ドット)液晶を搭載し、CPUにはRyzen7-4700U、GPUとしてRadeon RX5300Mを搭載する。

FH-G/E3

 FH77と70/E3はフルHD解像度で、TigerLakeのi7-1165G7を搭載し、77にはBlurayドライブを搭載、3波W録画のテレビチューナーも積む。

 想定価格はFH-G/E3が23万円弱、FH77/E3が20万円強、FH70/E3が19万円弱、FH60/E3が15万円弱、FH52/E3が14万円強で、Gは12月10日、77と70は11月12日、60は10月22日、52は12月10日発売である。

FH77/E3

EH = 13型学習向けノート
児童生徒学生さんもTigerLakeの時代

LIFEBOOK EH

 小学生から高校生まで使える学習用モバイルPCで、従来のタブレット型2in1に加え、クラムシェル型の「LIFEBOOK EH」を投入した。13.3インチのフルHD液晶に、TigerLakeのi3-1115G4を搭載し、Thunderbolt4にWi-Fi6も搭載という最先端スペックになっている。想定価格は11万円弱で12月10日発売予定だ。

 すでに発売中の15型ノート「AH」シリーズでは、新たに4モデルが登場した。

AH77/E3

 AH77/E3とAH53/E3は15.6インチのフルHD液晶にTigerLakeのi7-1165G7を搭載し、AH50/E3とAH43/E3はRyzenを採用している。

 想定価格はAH77/E3が20万円弱、AH53/E3が17万円弱、AH50/E3が12万円弱、AH43/E3が11万円弱で、77と53は12月10日、50と43は10月22日発売予定である。

 また、17型ノートPCの「NH」にはAMD Ryzen7-4700U搭載とWi-Fi6対応モデルが登場した。想定価格は15万円強で11月27日発売予定である。

NH77/E3

■関連サイト



カテゴリートップへ


New TOPIC -富士通WEB MARTお買得情報-


Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

伊藤健太郎釈放の署は警備強化 ユーチューバー対策 – ニッカンスポーツ

警視庁東京湾岸警察署から釈放されマスクを外す伊藤健太郎(撮影・中島郁夫) 29日に自動車運転処罰法違反(過失傷 … …