Home ユーチューバー 将棋ユーチューバー折田さんプロ入り「信じられない」 – 朝日新聞

将棋ユーチューバー折田さんプロ入り「信じられない」 – 朝日新聞

6 second read
0
120

 アマチュアがプロ入りを懸けて戦う棋士編入試験五番勝負の第4局が25日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、「将棋ユーチューバー」として活動する折田(おりた)翔吾さん(30)=大阪市=が本田奎(けい)五段(22)に勝って3勝目を挙げ、合格した。4月1日付でプロの四段となる。現在の編入試験でのプロ入りは2人目。

 折田さんは2勝1敗で、この日の勝負に臨んだ。本田五段は棋王戦で挑戦者になり、プロ入りから1年4カ月でタイトル戦出場を果たした俊英。渡辺明棋王(35)との五番勝負は現在1勝1敗だ。「試験官」を務める5人の中で最も手ごわい相手に対し、先手番の折田さんは得意戦法の「相懸かり」で挑んだ。優勢に立った折田さんが本田五段の粘りを振り切って、大勝負を制した。

 折田さんは「信じられない。寄せがひどくてなかなか勝ちきれない展開で、苦しくしたところもあった。気楽に楽しんで臨もうと思った。落ち着いて臨めたと思う」。本田五段は「中盤でまずくしてひどかった。折田さんはリードして勝ちきるのがうまい印象を受けた」と話した。

 折田さんは棋士養成機関「奨励会」で、プロ入りまであと一歩の三段になったが、規定の成績を挙げられず2016年に退会。その後、動画投稿サイト「ユーチューブ」で始めた自分の対局の実況が評判を呼んだ。アマ大会での活躍に伴って出場したプロとの公式戦でも好成績を挙げ、編入試験の受験資格を獲得していた。(村瀬信也

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【ボルボ V40 改良新型】フルモデルチェンジ並の大幅改良 まとめ…価格やセグメント比較、試乗記 – レスポンス

2013年に販売が開始されたCセグメントハッチバックのボルボ『V40』は2016年に大幅改良を受け、エクステリ … …