Home モデル 意外なモデルだけどイケてるからイイ! メーカーのイメージと異なる車5選 – くるまのニュース

意外なモデルだけどイケてるからイイ! メーカーのイメージと異なる車5選 – くるまのニュース

18 second read
0
108


各自動車メーカーには、それぞれ個性があります。なかには確固たる世界観やブランドイメージを持ったメーカーもあり、販売しているクルマもブレがありません。一方で、そうしたブランドイメージと異なる意外なモデルが存在。そこで、メーカーのイメージと異なるクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

ブランドイメージから離れたクルマを振り返る

 世界中に数多くの自動車メーカーが存在しますが、なかには確固たる世界観やブランドイメージを持ったメーカーもあります。

 たとえば、フェラーリやロールスロイスがつくるクルマは、見た目やスペック、品質など、歴代モデルに大きなブレは見当たりません。

「こんなクルマあったんだ」と思わせるモデルたち

 一方で、そうしたブランドイメージと異なる意外なモデルも存在。そこで、メーカーが持つイメージと異なるクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

●アストンマーティン「シグネット」

「iQ」ベースながらしっかり高級車に生まれ変わった「シグネット」
「iQ」ベースながらしっかり高級車に生まれ変わった「シグネット」

 英国を代表する高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンのモデルといえば、高額かつ高性能で美しいスタイルの2ドアクーペを思い浮かべるでしょう。

 しかし、アストンマーティンは2011年に、マイクロカーの「シグネット」を発売。

 シグネットはトヨタ「iQ」をベースに、アストンマーティン専用のパーツを手作業で組み付ける手法で生産されたモデルです。

 外観のフォルムはiQに準じていますが、アストンマーティンの伝統的なフロントグリルや、ボンネットのエアインテーク、フロントフェンダーのエアアウトレットなど、アストンマーティンのモデルらしいデザインが散りばめられてします。

 室内もシートや内装材に本革が使用された高級車らしい仕立てで、各部に遮音材の追加や、エンジンとトランスミッションのマウントを変更することで、車内の静粛性を向上。

 アストンマーティンがシグネットを販売した背景には、欧州で課せられた燃費規制をクリアする目的があったようですが、2013年には生産を終えました。

 なお、シグネットは日本にも正規輸入され、当時の新車価格は475万円(消費税8%込)からと当然ながら高額でした。

アストンマーティン・シグネット の中古車をさがす

●メルセデス・ベンツ「Aクラス」

初代はトールワゴンタイプのコンパクトカーだった「Aクラス」
初代はトールワゴンタイプのコンパクトカーだった「Aクラス」

 メルセデス・ベンツはさらなる顧客獲得のため、1982年に「190E」を発売。エントリーモデルとして誕生したコンパクトセダンの190Eは、欧州のみならず日本でもヒット作になりました。

 しかし、これだけでは終わらず、1997年にはBセグメントの5ドアハッチバック、初代「Aクラス」を発売。

 Aクラスは同社初のFF乗用車であり、ボディ形状はボンネット部分が極端に短く背の高いトールワゴンタイプのコンパクトカーです。

 1998年に日本で発売されると、道路環境にマッチしたサイズや使い勝手が優れていたことから、メルセデス・ベンツとしては異色のモデルながらも、一躍人気車となりました。

 2005年には初代からキープコンセプトとした2代目にフルモデルチェンジし、引き続き好調なセールスをキープ。

 ところが、2012年に3代目へとフルモデルチェンジされたAクラスは、スポーティなフォルムを持つCセグメントの5ドアハッチバックに一新されました。

 3代目はアウディ「A3」やBMW「1シリーズ」をライバルとするプレミアムコンパクトカーに変化し、2018年に登場した現行モデルの4代目では、シリーズ初の4ドアセダンが追加されるなど、もはや初代の面影はまったくありません。

メルセデス・ベンツ・Aクラス の中古車をさがす

●ボルボ「780」

イタリアンテイストで仕立てられた華やかなクーペの「780」
イタリアンテイストで仕立てられた華やかなクーペの「780」

 現在、ボルボのラインナップは、ステーションワゴン、SUV、セダンでデザインコンセプトが統一されており、、どれも流麗なフォルムですが、1980年代までのボルボ車は安全性を重視した無骨で質実剛健なイメージがありました。

 ところが1985年に発売された「780」は、そんなイメージを覆したモデルとして話題となります。

 780はセダンの「760」をベースにした2ドアクーペで、イタリアのカロッツェリア「ベルトーネ」がデザインから生産まで担当しました。

 ベルトーネといえばランボルギーニ「ミウラ」やランチア「ストラトス」など、数々のスーパーカーやスポーツカーのデザインを手掛けた名門カロッツェリアです。

 780の外観は直線基調の平面によって構成され、ボルボの質実剛健さ残しつつも均整の取れた美しいクーペのシルエットを実現。

 また、内装には本革と本木目をふんだんに使い、ゴージャスに仕立てられています。

 780は1990年まで生産され、日本でも正規輸入されていたことから、稀に中古車が市場に出ることがあります。

【画像】ちょっと違和感あるけどイイじゃない! 異色のクルマを見る(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

都市封鎖法制を求める声も 「人頼み」の日本モデルに限界 – 産経ニュース

会見を終え降壇する菅義偉首相。右は政府分科会・尾身茂会長=30日午後、首相官邸(春名中撮影) 政府が新型コロナ … …