Home インスタグラマー 戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 林崎咲良編 – WWD JAPAN.com

戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 林崎咲良編 – WWD JAPAN.com

21 second read
0
26

 「WWDジャパン」の3月23日号では、インスタグラムを特集した。単なるSNSではなく、「モノを売る場」や「検索の場」となっているインスタグラムの攻略術を担当役員への取材やSNSのプロフェッショナルによる座談会、アパレル企業へのアンケート調査などから探った。本記事では特集内で行ったインフルエンサーたちへのアンケート調査の回答をピックアップ。認知度がほぼない状態から、インスタグラムを駆使してインフルエンサーとして活動するに至った人物たちに、普段使うアプリや投稿で意識しているテクニック、月々の企業案件数などを聞いた。第6弾は、林崎咲良さんだ。

WWD:現在の職業と、普段のインスタグラムの投稿内容を教えてください。

林崎咲良(以下、林崎):「ジョイントワークス(JOINTWORKS)」のコンセプター兼バイヤーとして働いています。インスタグラムではスタイリングやヘアメイク、アクセサリー、アート関連の投稿をしています。

WWD:投稿頻度はどの程度でしょうか。

林崎:週2~3回投稿しています。

WWD:インスタグラムで戦略を立てる際に重要だと言われているインサイト(クリエイターやビジネスアカウントに切り替えることで見ることができる投稿分析機能)で重視している項目は?

林崎:主に保存数を重視しています。見ている方の参考になっているか否かの指標になります。

WWD:投稿の際に画像加工などで使用するアプリはありますか?

林崎:インスタグラムの加工機能をメインに使っています。物を消す時とかにはAdobe Photoshopを使用します。

WWD:写真撮影時に使う機材などはありますか?

林崎:iPhone 11proを使っています。

WWD:写真の画角やハッシュタグの付け方などで、投稿の際に意識している細かいテクニックはありますか?

林崎:色の統一感は、インスタをパッと見た時の第一印象となるため重視しています。また、余白も作るようにしています。

WWD:これまでに最もバズった投稿はありますか?

林崎:こちらの投稿は、いいね!数が1500件、保存数が1000件、リーチが4万5000件、インプレッションが6万6000件ほどでした。フォロワーも約300増えました。

WWD:企業案件は1カ月にどの程度来ますか?また、月にどの程度受けていますか?

林崎:月に7~9件ほどで、受けているのは1、2件です。

WWD:企業案件の1投稿当たりの報酬について、これまでと現在で金額に変化はありますか?

林崎:特に変わっていません。

WWD:インスタグラムに関して、外部支援(コンサルティングやセミナー登壇など)を行っていますか?

林崎:いいえ。      

WWD:インフルエンサーとして、今後描いているキャリアプランはありますか?

林崎:迷走中ですが、外部支援やファッション・ヘアメイクの発信、素敵な作家さんやアーティストの方の情報発信はしていきたいです。また、個性の確立も行っていきたいです。

WWD:現在活用しているインスタグラムの機能を理由と共に教えてください。

林崎:URL機能(フォロワーが一定数以上のアカウントがスト―リーズに付けられる機能)は、今自分が携わっているブランドの宣伝ができるため活用しています。

WWD:今後活用していきたいインスタグラムの機能があれば理由と共に教えてください。

林崎:アンケートと質問機能は、フォロワーの方から何が求められているのか、どう見えているのかが客観的に分かると思うので活用していきたいです。また、動画やライブ機能も、フォロワーの方のニーズに合わせた配信ができればと考えています。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の限定モデルはプラチナ三昧な超贅沢ウォッチ! | Watches – safarilounge.jp

2020.06.01 NEW 〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の限定モデルは プラチナ三昧な超贅沢ウォッチ! … …