Home モデル 押切もえさん「幸せになる覚悟はあるか?」と自分に問う(大手小町(OTEKOMACHI)) – Yahoo!ニュース

押切もえさん「幸せになる覚悟はあるか?」と自分に問う(大手小町(OTEKOMACHI)) – Yahoo!ニュース

8 second read
0
45

できないことに目を向けない

 長男の出産を経て昨年、仕事に復帰した押切もえさん。モデル、小説家、画家と多彩な活躍を見せる押切さんは、いつも前向きで様々なことに挑戦しています。1月から、ウェブサイトで女性たちの悩みに答える仕事も始めます。現在の生活の様子や自身の悩みを解決する方法などについて聞きました。

――昨年3月に出産されました。仕事と子育ての両立はどうしていますか?

 子育てが始まってもうすぐ1年になります。シーズンオフの期間中は夫(プロ野球・千葉ロッテマリーンズの涌井秀章さん)がすごく面倒を見てくれます。お風呂に入れてくれたり、朝方、子どもが起きた時に抱っこして寝かしつけてくれたりすることもあるので、とても助かっています。私が日中、仕事の時は、仕事場に連れて行ったり、お互いの両親に助けてもらったりしながらやっています。

 仕事と育児のバランスをどうとるのか葛藤することはありますね。子育ては充実していますが、本を書く時間はなかなかとれません。でも、今は気にしないようにしています。できないことばかりに目を向けず、今できることに全力で取り組もうと思っています。

――悩んだ時はどうやって気持ちを切り替えていますか?

 過去にも、所属事務所がつぶれてしまい、アルバイトをしながらモデルをやっていたこともありました。私はすごく不器用な人間なんです。でも、壁が立ちはだかっても、どんどん気持ちを切り替えて行動するようにしています。「悩んでいてもしょうがない」って考えるようにしています。

状況を変えるためにはリスクも

――気持ちを切り替えるコツはありますか?

 最近は「幸せになる覚悟はあるか?」って自分に問うようにしています。「これを乗り越えればもっと楽しい状況になるかもしれないよ」と心の中で整理して、「(覚悟が)ある」と答えて乗り越えるんです。

 大げさに聞こえるかもしれないけれど、日常のほんの小さなことにも当てはまります。例えば、おいしいパン屋さんに回り道をして寄るかどうか。頑張って歩けば、おいしいパンを食べて幸せになれますよね。旅行に行くのは、それまでに仕事を終わらせて準備をしなくちゃいけないから大変だし、面倒くさい。だけど、行ったらきっと楽しい時間を過ごせます。

――年齢を重ねると腰が重くなってしまいます。

 「なんとかなる」っていう若さのノリだけではやっていけなくなる。失敗も計算できるようになると、リスクもとりたくなくなる。面倒なことから逃げるのは効率的だし、賢いと思います。でも、それじゃ現状は変わらない。もし今の状況を変えたいなら、ある程度自分の考え方や行動を変える必要があると思います。

――雑誌の読者モデルからスタートし、21歳の時に女性誌「CanCam」、2006年には、「AneCan」の専属モデルになり(16年に卒業)、順調にモデルのキャリアを積み上げていました。その傍ら、13年には、長編小説「浅き夢見し」で小説家としてデビュー。16年に刊行された「永遠とは違う一日」は、山本周五郎賞にノミネートされました。順調に見えるキャリアですが、スランプなどはありませんでしたか?

 モデル生活が長かったこともあり、「いつものモエで、いつものメイクで」と言われ続けて悩んだことがありました。ファッションも好きだったけど、髪形や洋服のスタイルが固まってしまうのが嫌で、全然違うテイストの私服を買って、1回しか着なかったこともあります。「これはしちゃだめ」「こうやって」と周りの人から言われたことをその通りにやっていたけれど、もっと自分から意見したり、行動を起こしたりしてもよかったのかな、と反省しています。

【関連記事】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

シャープ、「ロボホン」新モデル 見守りや観光案内 – 日本経済新聞

シャープは18日z … …