Home モデル 新「iPad Air」と新「iPad」はどこが違う? 前世代モデルから何が変わった? – ITmedia

新「iPad Air」と新「iPad」はどこが違う? 前世代モデルから何が変わった? – ITmedia

2 min read
0
27


 Appleが「iPad Air(第4世代)」(以降、新iPad Air)と「iPad(第8世代)」(以降、新iPad)を発表した。新iPad AirはiPhoneに先駆けて新しいA14 Bionicチップを搭載。また、指紋センサーを電源キーと一体化して狭額縁設計を取り入れるなど、デザイン的にも「iPad Pro」に近づいた。一方の新iPadはプロセッサがiPhone XS/XRシリーズや第3世代のiPad Airなどに搭載されているA12 Bionicチップになったものの、サイズやデザインは先代モデルを踏襲している。


第4世代の「iPad Air」


iPad
第8世代の「iPad」

 この2モデルの違いを確認するとともに、両機種の先代モデルとも比較。また、新iPad Airについては「11型iPad Pro(第2世代)」とも比較しながら新しい2つのiPadの進化ポイントを探ってみた。

新iPad Airと新iPadの違い

 最近のiPadは、iPad Proがハイエンドモデル、iPadがエントリーモデル、iPad Airはその間にあるミドルレンジモデルと位置付けられるが、今回の新iPad Airはスペック的にもデザイン的にもiPad Proに近づき、新iPadとは大きな違いがある。

iPad Air
新iPad Airと新iPad

 ディスプレイサイズは、新iPad Airが10.9型、新iPadが10.2型と大きさはそれほど変わらず、ピクセル密度も同じだが、新iPadは耐指紋性コーティング、反射防止コーティング、広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイに非対応。両方ともTouch IDだが、新iPadは従来通りホームボタンと一体化しているのに対し、新iPad Airは本体上部の電源ボタンと一体化された。そのため新iPad Airは額縁が狭くなり、「オールスクリーン」スタイルとなっている。

iPad Air
新iPad Airでは指紋センサーを電源キーに搭載。ホームボタンはなくなっている

 周辺機器のApple Pencilやキーボードの対応も異なる。新iPad Airが本体にマグネットで付けて充電できる第2世代のApple Pencilに対応した一方、新iPadはLightning端子にさして充電する第1世代のApple Pencilのままだ。キーボードについても、新iPad Airではトラックパッド付きの「Magic Keyboard」やiPadの全面をカバーできる「Smart Keyboard Folio」を使えるが、新iPadはシンプルな「Smart Keyboard」に対応するのみとなっている。

 接続端子は新iPad AirがiPad Proと同じUSB Type-Cとなった。新iPadは従来通りLightningのまま。なお、新iPadは3.5mmのイヤフォンジャックも備えているが、新iPad Airにはない。また、新iPad AirはWi-Fi 6に対応した。

 カメラの違いも大きい。ともにシングルカメラだが、解像度が新iPad Airは1200万画素、新iPadは800万画素となる。インカメラは700万画素と120万画素。ビデオ会議が多くなってインカメラの画質も重視されることから、新iPadは若干物足りなさを感じる。

 新iPad Airはカラーバリエーションの多さも魅力。いつもの3色にグリーンとスカイブルーが加わって5色から選べるようになった。新iPadは従来通りシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色だ。

iPad Air
5色から選べるのも新iPad Airの特徴だ

 スペックの違いは金額にはっきり表れている。ストレージ容量が異なるので単純には比較できないが、新iPad Airは新iPadよりも3万円前後高くなっている。

iPad
新iPad Airと新iPadのスペック比較

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう


新iPad Airを先代モデル、11型iPad Pro(第2世代)と比較

 前モデルと比較すると、新iPad Airはさまざまな部分で第3世代のiPad Airから進化した。プロセッサは最新のA14 Bionicチップをいち早く搭載。プロセッサだけを見ると、11インチiPad Pro(第2世代)よりもハイスペックだ。

iPad Air
iPad Air(第4世代)、iPad Air(第3世代)、11型iPad Pro(第2世代)

 ディスプレイは、先代と各種コーティングや広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ対応などは変わらないが、0.4型大型化。最大120Hzのリフレッシュレートとなる「ProMotionテクノロジー」には対応しないが、他はiPad Proとほぼ同等だ。

 また、Apple Pencilは、先代が第1世代だったが、新iPad Airでは第2世代が使えるようになり、接続端子はLightningからUSB Type-Cに。Wi-Fi 6にも対応するなど、iPad Proと揃えてきている。

 カメラはアウトカメラの画素数が先代の800万画素から1200万画素にアップ。iPad Proのデュアルレンズ、LiDARスキャナー付きには及ばないが、タブレットにそれほど高性能なアウトカメラを求めないなら十分だろう。スピーカーは、前モデルではLightning端子の脇に2つ搭載されていたが、新iPad Airでは端末の上部と下部に配置された。横向きに置いて動画を見るときに、より迫力のあるステレオサウンドを楽しめそうだ。

 iPad Proに準ずるスペックを備えたことで先代のiPad Airよりは高価格になったが、iPad Proの256GBモデル同士で比較すると、Wi-Fiモデルなら1万6000円、Wi-Fi+Cellularなら1万8000円安い。同ストレージのモデルと比較するとお得な印象だが、新iPad Airは128GBモデルを選べない。新iPad Airの256GBモデルはiPad Proの128GBモデルより5000円程度安いだけなので悩ましいところだ。

iPad
新旧iPad Airと11型iPad Pro(第2世代)のスペック比較

新iPadは先代のiPad(第7世代)とプロセッサしか変わらず

 新iPad Airが前モデルより大幅に進化した一方、iPadは前モデルのiPad(第7世代)からプロセッサ以外は変わっていないと言っていいくらいだ。前モデルがA10 Fusionチップだったが、今回はNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップとなりパワフルになった。第3世代のiPad Airと同じプロセッサなので、リッチなゲームも十分快適に遊べるはずだ。本体のサイズも同じで、重量が少々重くなった程度だ。

iPad Air
iPad(第8世代)とiPad(第7世代)

 そして、こちらも値段は前モデルと変わらない。32GBというストレージ容量は気になるが、iPadの入門用として非常に買いやすくなっている。子どもに持たせたり、WebサイトやSNSを閲覧したりするのに気軽に持てる印象だ。

iPad
新旧iPadのスペック比較

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

伊藤健太郎釈放の署は警備強化 ユーチューバー対策 – ニッカンスポーツ

警視庁東京湾岸警察署から釈放されマスクを外す伊藤健太郎(撮影・中島郁夫) 29日に自動車運転処罰法違反(過失傷 … …