Home モデル 新型フェアレディZに歴代モデルの魅力は残っているのか?(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

新型フェアレディZに歴代モデルの魅力は残っているのか?(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

22 second read
0
21

巷間けっこう大きな話題を呼んでいるのが、2020年9月16日に公開されたフェアレディZのプロトタイプだ。「ピュアスポーツカーのZは、日産のスピリットそのものです」と、社長兼CEOの内田誠氏の言葉が紹介されているように、日産はまだスポーツカーを捨てなかった! と、嬉しく思ったファンは少なくないだろう。

フェアレディZは、初代「S30型」が1969年11月に登場。日産が自動車づくりを教わった英国車の雰囲気を、プロポーションやヘッドランプまわりに漂わせながら、なににも似ていない、まことにスタイリッシュなモデルだった。以降、フェアレディZは、ずっと日産自動車のイメージアップに貢献するモデルである。

今回発表されたプロトタイプのメディア向け資料のなかでも、「初代S30型のシルエットやフロント&リアのアイコニックなモチーフを引き継いだ」と、書かかれているほどだ。

ただしS30のみならず、歴代のフェアレディZはどれもそれなりにファンがついている。思い出すのは2019年のニューヨーク自動車ショー。米国でも「Z(ズィー)カー50周年」ということで、このショーでは、日産のブースのみならず、オーナーズクラブが歴代のモデルを展示していたのが印象的だった。

ここでは、歴代フェアレディZのなかから、個人的にいいなぁと思うモデルをカウントダウン形式でリストアップしてみた。個人的なベスト5なので、異論のあるひとは、自分なりの5台を選びだすことを、楽しんでください。

第4位:6代目(Z34)

Z34型ともよばれる現行モデルは、6代目にあたる。2008年の登場だから、すでに12年が経過。時が経つ速さを思うとともに、いまも存在感が薄れていないと感じさせる。

いいところは、パワフルであり、それをうまく制御して、ドライビングが楽しいクルマに仕上げているエンジニアリングだ。3696ccのV型6気筒エンジンは、標準モデルで247kW(336ps)/7000rpmの最高出力と、365Nm/5200rpmの最大トルクを発生。高回転型で、とりわけ6段マニュアル変速機との組合せは、自動車好きにとって大きな魅力を持つ。

乗り味は快適で、意外なほど重厚感がある。もともとフェアレディZの大きな特徴だった、“長距離も得意なグランドツアラー”という要件をきちんと満たしているともいえる。

大きく張り出した前後のフェンダーと、大きく開いたフロントエアダムの開口部が目立つボディは、スポーツカー的な美しさを感じさせる。全長が4260mmに抑えられているのも、あるていどのコンパクトさで評価されてきたフェアレディZのいい点を継承したともいえる。

願わくは、ボンネットの高さがもっと低く、フロントマスクとリアエンドに個性的な表情があれば、なおよし! と、思う。それに、小さなエンジンで、軽快な運動性能を追求したモデルがあれば、乗ってみたかった。いろいろ希望を述べたくなるほど、私にとっても思い入れのあるクルマ。それがフェアレディZなのだ。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

リツイート=お金がない?前澤友作氏のフォロワーはカモと指摘も – livedoor

 「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏が行っている「お金配り」。毎日抽選で10人に10万円ずつ配る「Twit … …