Home モデル 日本仕様テスラ『モデル3』がアップデート=約156万円の大幅値下げ【速報】 – EVsmartブログ

日本仕様テスラ『モデル3』がアップデート=約156万円の大幅値下げ【速報】 – EVsmartブログ

25 second read
0
106

公式サイトのコンフィギュレーターに異変が!

2021年2月17日の昼下がり、何気なくテスラの公式サイトでモデル3のコンフィギュレーター(見積ページ)を見てみると、車両価格がすごく安くなっていることに気が付きました。「な、何が起こったんだ?」という感じです。

クリックすると拡大します。

18時頃、テスラジャパンの広報ご担当者から『Tesla Model 3 アップデート』と題したニュースリリースが届きました。今、日本仕様のモデル3は3グレードがラインアップされていますが、そのうちの2グレードで大幅な値下げ=アップデートが行われたというニュースです。

【日本向けモデル3の価格変更】※消費税込
スタンダードレンジ プラス :5,110,000 円(消費税込)→ 4,290,000 円(消費税込)
ロングレンジAWD :6,552,000 円(消費税込)→ 4,990,000 円(消費税込)
パフォーマンス :7,173,000 円(消費税込)→ 変更無し

最上級グレードである『パフォーマンス』の価格はそのままですが、後輪駆動の『スタンダードレンジプラス』が82万円、デュアルモーターの『ロングレンジAWD』は156万2000円という驚愕の値下げです。

航続距離や加速性能、装備などに変更はないようで、価格変更のみの「アップデート」であるようです。

参考までに、日産リーフX(40kWh)の価格は約380万円ですが、ボディカラーの多くが追加料金でプロパイロットもオプションです。試しにビビッドブルーのボディカラーとプロパイロットとブラックの本革シートを選び、アラウンドビューモニターなどがセットになったオプションを選択すると、価格は4,239,400円。オートパイロットや12ウェイ電動調節式ヒーター付きフロントシートなどが標準装備のモデル3スタンダードレンジプラス(バッテリー容量は55kWh)とほぼ同額になります。

62kWhのe+「X」(2WD)は約441万円ですが、同様にボディカラーやシート、プロパイロットを選択すると価格は4,831,200円。デュアルモーター搭載のロングレンジAWD(バッテリー容量は75kWh)と15万円ほどしか変わらない価格になってしまいます。

電池容量35.5kWhで価格が500万円近いホンダやマツダのEVを選ぶ理由がますます乏しくなったのはもちろんのこと、近いうちに日本にも導入されるはずのモデルY(おそらくモデル3に類した価格設定が予想できる)のライバルとして今年の後半登場するはずの日産アリアも、かなり過酷な闘いに挑むことになりそうです。

今年1月、中国市場で発売されたモデルYロングレンジの価格は日本円換算で約540万円〜。事前に発表されていた予定価格(約770万円)より230万円、ほぼ30%も安く発売されたことが驚きをもって報じられたところでした。

すでに注文している人はどうなるの?

テスラジャパンからのリリースに、とくに値下げの理由についての説明はありません。

日本仕様のモデル3スタンダードレンジプラスが中国の上海ギガファクトリーで生産されて、従来のパナソニック製電池ではないLFP(リン酸鉄)バッテリーを搭載するという情報はすでに伝えられていました。でも、ロングレンジAWDについてはとくに情報はありません。もし、ロングレンジAWDの日本仕様も上海ギガファクトリー生産になるとすれば、韓国LG化学製のNMC(ニッケルマンガンコバルト酸リチウム)電池を搭載しているのではないかという情報もあります。

●はたして、日本仕様のモデル3はパフォーマンスを除く2グレードがどちらも中国生産に変わるのか。
●すでに以前の価格で注文して納車待ちの人はどうなるのか。
●CEV補助金の金額に変更はあるのか。(おそらく従来通り上限の40万円と思いますが)

疑問はいろいろ浮かびます。

このあたり、テスラジャパンに確認できたら追記します。

あと、テスラHPで紹介されている在庫車や認定中古車が、相対的にやたらと高価に感じる皮肉な現象が起こってました。

それにしても、『テスラは頻繁に進化する』や『テスラ『モデルS』と『モデルX』が驚愕の「アップデート」』などの記事でもお伝えしてきたことですが、あまりにも身軽なテスラの「アップデート」は恐るべしです。

既存の自動車メーカーにとって、すでに発売している車種の価格を80万とか150万円いきなり値下げするなんていうのはとても真似できないことでしょう。でも、電気自動車として販売を伸ばすためには、このテスラと戦わなければいけないのです。

販売計画台数があまりに少ないホンダやマツダはともかくとして、日産のリーフやアリアは、思い切って50〜100万円安くするくらいのチャレンジが求められている、というか、安くなってくれるといいな、と思います。

(文/寄本 好則)

<!–

–>

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ジャガー、「XE」2021年モデル 204PS/430NmのMHEV2.0リッターディーゼルをラインアップ – Car Watch

「XE」2021年モデル  ジャガー(ジャガー・ランドローバー・ジャパン)は5月11日、スポーツ・サルーン「X … …