Home モデル 日産新型「フェアレディZ」世界初公開! 新型モデルはどう進化? Z34と比較 – くるまのニュース

日産新型「フェアレディZ」世界初公開! 新型モデルはどう進化? Z34と比較 – くるまのニュース

32 second read
0
33

日産「フェアレディZ」のプロトタイプが世界初公開されました。新型モデルは歴代モデルをオマージュするとともに、現代のクルマにふさわしい進化を遂げます。現行モデルのZ34と比較してみました。

ついに出た! 新型フェアレディZはどう進化する?

 日産のスポーツクーペ「フェアレディZ」の新型モデルのプロトタイプが2020年9月16日に世界初公開されました。

 歴代Zのモチーフを取り入れた新型フェアレディZですが、どのような進化を遂げるのでしょうか。現行モデルの「Z34」と比較してみます。

左:新型フェアレディZ(プロトタイプ)/右:現行フェアレディZ

 新型フェアレディZは、50年に及ぶZの伝統と現代的な雰囲気を融合した新デザインを採用します。

 フロントのデザインで注目されるのは、ヘッドランプの形状です。現行モデルでは稲妻のような形状のランプですが、新型モデルでは「こ」の字のLEDヘッドランプを採用。初代Zの「240ZG」のモチーフが取り入れられているといいます。

 さらに、四角いグリル開口部は現行モデルよりも大型化され、ワイド&ロースタンスを強調するとともに、フロントバンパー下のチンスポイラーを装着し、スポーツカーとしてのパフォーマンスの高さをアピールしました。

 ボンネットフードも現行モデルから変更され、初代Zのイメージを彷彿とさせるデザインとしています。

 リアのデザインで目を引くのは、テールランプです。従来型モデルはほかの日産車のデザインにも見られるブーメラン型としていましたが、新型モデルは初代Zや「Z32」などからインスピレーションを得て現代風にアレンジ。

 左右に伸びるブラックアウト部に横基調のランプを配置し、レイヤー形状に光り輝く先進的な光の演出が特徴的です。

 また、現行モデルでは左側に配置されていた「Fairlady Z」のエンブレムは、新型モデルにおいては初代Zのようにテールゲート上に装着されるとともに、デザインも初代Zを踏襲しています。

 サイドのシルエットは、現行モデルも流麗なクーペスタイルを実現していますが、新型モデルは長いノーズから続くなだらかに傾斜するルーフラインの先に、垂直に切り立つテールエンドとすることで、初代Zの特徴的なスタイルを再現しました。

 新型モデルのドアノブは、現行モデルと同様にドアに沿うような形ですが、隠すようなデザインとすることで、すっきりとしたドア部を実現しています。

 加えて、現行モデルではフロントフェンダー部に装着されている「Z」のエンブレムが、新型モデルではかつてのようにリアピラーに配置されました。

 ボディサイズは、現行モデルが全長4260mm×全幅1845mm×全高1315mmで、新型モデルは全長4382mm×全幅1850mm×全高1310mm。新型モデルと現行モデルを比べると、全長+122mm、全幅+5mm、全高-5mmと、全長が長くなっていることがわかります。

 タイヤサイズは、現行モデルはフロントが225/50R18、リアが245/45R18でしたが、新型モデルはフロントが255/40R19、リアが285/35R19としています。

 プロタイプのボディカラーは光沢のあるパール系のイエローを採用しており、これは初代Zと300ZXに設定されていたイエローを意識した色だといいます。

 300ZXにもパール系のイエローがありましたが、当時の技術ではこれほどまでに鮮やかな発色は難しかったようです。最新の技術を取り入れることで、新色のイエローパールは日の光の下でキラキラと輝く美しい発色を実現しました。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「休みの日くらいゆっくりしたい」夫への気遣いは必要か? 人気ブロガーの「夫への気遣い捨てる」宣言で賛否巻き起こる – J-CASTニュース

   休日の夫、定番のひと言「休みの日くらい、ゆっくりさせて」をめぐり、専業主婦 … …