Home モデル 日立ソリューションズ、車載ソフトウェア向け「モデルベース開発ソリューション」提供開始 – Car Watch

日立ソリューションズ、車載ソフトウェア向け「モデルベース開発ソリューション」提供開始 – Car Watch

28 second read
0
44

 日立ソリューションズは1月14日、米国マスワークス(The MathWorks, Inc.)の「MATLAB/Simulink」を利用した車載ソフトウェアのモデルベース開発において、テスト工程を効率化する「モデルベース開発ソリューション」を発表した。4月1日より提供を開始する。

 MATLAB/Simulinkは、多くの車載向け電子制御機器開発メーカーで採用されている視覚的なGUI(Graphical User Interface)で、電子制御ソフトウェアを設計できるモデルベース開発の支援ツール。一方、MATLAB/Simulinkを採用したモデルベース開発においては、テスト工程に時間がかかるなどの課題を抱えていたという。

 そこで、日立ソリューションズでは、MATLAB/SimulinkのSILS(Software in the Loop Simuration)環境と、マイクロソフトの「Visual Studio」などのデバッグツールを接続できる統合シミュレーションモジュールを開発。同社のモデルベース開発ソリューションにおいて、提供を開始する。

 これまで、実機相当テストをPC上でシミュレーションするSILS環境は、テスト対象の車載ソフトウェアに変更が入るたびに環境の更新が必要であった。しかし、日立ソリューションズの統合シミュレーションモジュールでは、テスト対象の車載ソフトウェアに変更が入ってもSILS環境を更新することなくデバッグツールで修正できるため、実機相当テストを安価に短期間で行なうことができるという。

 加えて、SILS環境の実機相当テストと実機テストの実行結果ログから差分レポートの出力や、取得済みの車載ネットワークログを活用する変換ツールの提供なども行なわれる。日立ソリューションズのソリューションでは、MATLAB/Simulinkをより効率よく利用するための導入コンサルティングや、PC上で実機相当テストのシミュレーションができるSILS環境の構築を、専門技術者が対応するとしている。

 なお、日立ソリューションズは東京ビッグサイトで1月15日~17日開催される「第8回 コネクティッド・カー EXPO」に出展する。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

XPS15 (2020) 実機レビュー = フルモデルチェンジでキーボードが256倍よくなっていた – ASCII.jp

 デルは、第10世代のコアi-Hを採用したXPS 15の2020年モデルを発売した。GPUも最新のGTX165 … …