Home ユーチューバー 昭和の香りがするユーチューバー 20代男子の日々の暮らしが人をひきつける理由 – 東京新聞

昭和の香りがするユーチューバー 20代男子の日々の暮らしが人をひきつける理由 – 東京新聞

6 second read
0
271

一人暮らしの日常を発信する奥平真司さん

 自宅で過ごす時間が増えた今年、料理や掃除など日々の営みの中で楽しみを見つけようと工夫した人もいたのでは。そんな社会の空気と呼応するように、東京都内の古いアパートで暮らす二十代の男性が日常の暮らしを発信する動画が、人気を集めている。多くの人を引きつける魅力を探った。 (今川綾音)

 窓からやわらかい光が差し込む台所で、小気味よい音を立てて野菜を刻む。焙煎(ばいせん)器でいった豆をミルでひき、コーヒーを入れる。奥平真司さん(26)が配信する十分ほどの動画は、慈しむように家事をする奥平さん自身の様子を淡々と映し出す。日差しの加減や生活音が目や耳に心地良く、部屋に漂うゆったりとした空気まで感じ取れるようだ。

 「日常に追われて忘れていたことを思い出しました」「昭和の時代の懐かしい香りがしてくる」「いろんな生活音が良いです。短編映画のようでした」。動画には男女を問わず幅広い年代から共感や憧れのコメントが届く。配信開始から三年余り。今や登録者数二十六万人超の人気ユーチューバーだ。

 奥平さんが暮らすのは、築三十年の1DK、都内では格安の家賃四万八千円のアパート。動画編集などの仕事もする九畳のリビングには極力物を置かない。一方で、六畳のキッチンは大好きな料理のためにこだわって選んだ機能的で美しい道具が並ぶ。「部屋の中は自分だけのスペース。一番長く過ごす場所だからこそ心地良い場にしたい」

 初めて一人暮らしをした大学時代、拾ってきた流木で小さなサイドテーブルを作ったのがきっかけで、インテリアに凝るように。居心地の良い空間で、料理をすることにも幸せを感じるようになっていった。

 ここに棚が欲しい、と思えばサイズを測ってぴったりのものを作る。必要な食材を切らしていても、別の物で代用できないか考える。「広い部屋やぜいたくに魅力は感じない。ちょっと足りない、不便だなという方が、考えて解決する喜びがある」。工夫の積み重ねで、暮らしはどんどん面白くなっていくのだという。「そのことを誰かと共有したくて、発信しているんです」

<おくだいら・まさし> 1994年、愛知県豊川市生まれ。県内の日本福祉大卒業後、東京都内の桑沢デザイン研究所で空間デザインを学びながら、独学で動画を制作、投稿サイト・ユーチューブで発信し始める。卒業目前の19年2月に配信した「一人暮らしの日常」の動画がヒット。主宰チャンネル「OKUDAIRA BASE(おくだいらベース)」の登録者数は、今年4月に10万人、9月に20万人を超えた。

関連キーワード


Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「CampusAward 2021 Supported by キレイライン矯正」グランプリ発表イベント開催決定!キャンアワアンバサダーに古川優香が就任!メインMCは岡副麻希、ゲストMCにラランドが登場:時事ドットコム – 時事通信

[株式会社キャリー] 公式HP:https://campusaward.jp/  株式会社キャリー(本社:東京 … …